二世代でドッグラン

先日お引き渡しの「愛犬家住宅」お客様邸…建て替えのお客様ですが、先代のお父様の時もお世話になり、今回二代に渡ってお世話になりました。

私どもでは庭とのつながりで、ミッドテリアとしてウッドデッキまでをご提案いたしました。(^_^)

地元県内産の杉を使用したウッドデッキは、肌触りも柔らかく素足でも気持ちよく歩行できます。デッキの下はそのままワンちゃんたちのクールダウンの場に。

庭の方は、お引き渡し後にお施主様がご自身で人工芝を張って庭一杯のドッグランになりました。

実は先代のお父様もワンちゃんを飼われていて、庭をドッグランにしていたのを私も覚えています。

なので二代に渡って庭はドッグランになりました。ちょうどお父様の代に造られた背の高いフェンスは、今回そのまま残して利用しています。

この日はご親戚のワンちゃんも遊びに来ていて、小さなお子様たちと、ワンちゃんたちが大喜びで遊んでいて、そんな様子を見させていただいていると、造り手としてもとても嬉しく思います。(^_^)

M様、二代に渡ってのご用命、誠にありがとうございました!m(_ _)m

 

 

愛犬と暮らす、愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市、愛犬家住宅、ペット共生住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター、愛犬・犬・住まい・家・住宅、新築、リフォーム、総合建設西沢商会、ニシザワホーム、愛犬家住宅住まいづくり倶楽部