ペット引き取り急増?!

前回、愛犬家住宅ネットワークの方とオンライン通話で打ち合わせした際、ここ最近のコロナ禍でペットを飼われる方が増えた、アメリカでも同時多発テロ事件以降に増えた、というお話しに触れましたが、先日ネットニュースを見ていたらちょうど関連する記事が出ていましたね。(^_^)

「コロナ禍のストレス和らげる素晴らしい友達、ペットの引き取りが急増」というタイトルで・・アメリカでは新型コロナウイルスの流行によって歓迎すべき状況が生まれているところもある、として、それが動物の保護・譲渡を行っている動物愛護施設とのことでした。

外出禁止令で家から出られない人たちが大挙して、保護施設から動物たちを引き取ったり、里親になったりしているらしいです。

しかも、外出制限によって家族全員が家にいたので、スムーズに受け入れることができたと・・なるほど、と納得してしまいました。(^o^)

やはり、コロナ禍の危機的な状況下で、普段と違うストレスが多い時に、それを和らげる癒しを求めてペットを引き取ったり里親になったりすることは、保護されている動物達にとっても、人間にとっても両方に良いことだと思います。

一匹、一頭でも多くの保護動物たちが、新しい家族として迎えられ、皆が幸せに暮らしていけたらいいですね。(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員