この季節、彼岸花にご注意!

先日のこと、弊社建設事業部の仕事で、新しく住宅新築工事が始まるお客様邸の地鎮祭が行われました。

秋の長雨が続き、台風も近づいている中で天候が心配されましたが、その日は見事な秋晴れ!(^o^)

暑いくらいの陽気の中で無事に終わり、ふと下に目をやると・・停めた車の向こう側に真っ赤な「彼岸花」が・・・旧家屋を解体し、敷地全体を整地していたはずですが、均した土の中から数本元気に顔を出して咲いていました。(^_^)

何とも独特な容姿で、鮮やかな花を咲かせるこの彼岸花は、お彼岸の頃に咲くことから彼岸花なんですが、曼珠沙華とも言われ仏教的な意味合いもあります。

意外と道沿いの草むらなどでも見かけ、どこにでもある彼岸花は、知る人ぞ知るアルカロイドを含む有毒種です。

昔は虫除けや田畑を荒らす動物避けに植えたとされるこの花は、人間にとっても吐き気や下痢、ひどい場合は中枢神経麻痺で死んでしまうことも・・・(-_-;)

昔から、死人花・地獄花などという異名があるくらいです。薬にも使われるらしいですが、私たちは手を出さない方が良いですね。

私は、曼珠沙華と聞くと、世代的に山口百恵さんの歌をつい思い出してしまいますが・・(^_^;)

何にせよ、お散歩中のワンちゃんが誤って口にしない様、十分気を付けなくてはいけませんね。呑み込まないまでもかじってしまうだけでも危ない植物です。

キレイだからといって飼い主さんが近づくと、ワンちゃんも一緒に行ってしまうので、近づかない方が良いですよ。彼岸花にご注意!

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員