新聞タブロイド誌に記事掲載

長野の地元新聞「信濃毎日新聞」に、毎月第3木曜日発行の「Do!sul(どぅする?)」というタブロイド紙がるのですが、先日の木曜日・・ちょうど動物愛護週間が始まるタイミングでしたので、“見つめ直す、人と動物の絆”“大切なペットのために、できること。”という見出しのコーナーが企画されました。

ペットは大切な家族の一員。そのかけがえのない命と健やかな毎日を守るのは、他でもない買主の役割です・・まさにその通りですね。

そんな内容の記事が載っている中に、「愛犬家住宅のすすめ」というコーナーを企画していただき、弊社の記事も載りました!(^o^)

タイトルは“家族も愛犬も、みんなが笑顔で暮らす家”・・「愛犬家住宅」のこと、「愛犬家住宅コーディネーター」のこと。そしてワンちゃんや飼い主のストレスを減らし、いつまでも健康で快適に暮らしていただきたい。それがやがては飼育放棄、殺処分の防止につながる・・そんな願いで家づくりをしている。

取材時にお話ししたことが、ちゃんと記事になっていて嬉しいですね。(^_^)

あとは、『愛犬家住宅』のちょっとしたポイントの一例を載せていただき、少しでも読者の皆様に伝われば幸いです。(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員