ゆずの日記~日光へ~

ゆずママこと中山です。(*^_^*)

ゴールデンウィーク後半のこと、愛犬ゆずと日光から鬼怒川温泉の旅に行って来ました。(^o^)

まず行ったのは、日光登録有形文化財「金谷侍屋敷」

鎌倉時代の武士の住居で、書院造りを基本とする純和風建築・・代々東照宮雅楽の楽人であった金谷家は、1800年にこの御屋敷を拝領して住居としたそうです。

江戸時代には東照宮をお守りする侍の住居であったことから、このお屋敷はSamuraiHouseと親しみをこめて呼ばれていたとのことですよ。

日本最古の西洋式リゾートホテル「金谷ホテル」の発祥の地というだけでなく、江戸時代の武家屋敷の建築様式をそのまま残す貴重な建築でした。

ちなみにワンちゃんはNGでした。ゆずはパパと車で待っていました。(^_^;)

 

続きまして、やはりここ「日光東照宮」

こちらは、ワンちゃんも抱っことリードでOKでした!(^o^)

建物内はNGでしたが、屋外の世界遺産・パワースポットを満喫しました。

国宝陽明門をバックにゆずとパチリ記念撮影!

44年ぶりに本来の輝きが復活した、素晴らしい彫刻の建物でした。

  • 重文「神きゅう舎」・・見ざる言わざる聞かざるで有名
  • 国宝「眠り猫」・・名匠・左甚五郎作、眠っている唯一猫の彫刻
  • 国宝「唐門」・・将軍・大名のみが参拝できた本社の正門。白い部分は貝をすり潰した胡紛という塗料が使われているとのこと。
  • 国宝「五重の塔」・・1650年、小浜藩主が寄進のちに焼失。1818年再建の高さ36メートル
  • 「回転灯篭」・・1636年オランダの会社から贈れたもの。

さすが五月の連休です・・人の多いこと。そして外国人観光客の多いこと。(^_^;)

ゆずを抱っこしていましたが、皆さんの視線が建物で、誰一人ゆずに声をかけてきませんでしたよ。

温泉宿のことはまた次回に。(*^_^*)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員