イヌとネコの飼育数が・・

先日、イヌとネコの考え方の違いを話題にしましたが、ちょうど昨日のネットニュース(共同通信)で、飼育数について書かれていました。

「ペット飼育数、猫が犬を上回る・戌年でも再逆転ならず」

そうかぁー!・・思わず声に出ました。(^_^;)

25日に発表された、ペットフード協会の調べでは、全国犬猫飼育実態調査で、猫の推定飼育数が2年連続で上回ったとのこと。

1994年の調査以来、昨年初めて猫が逆転したそうですが、今年は戌年だったにもかかわらず、これで2年連続でネコちゃんに軍配が上がったとのことでした。

猫:前年比約12万3千匹増の約964万9千匹。

犬:前年比約1万7千匹減の約890万3千匹。・・だそうです。

協会の話では、一人暮らしの女性がネコちゃんを飼うライフスタイルが増えてきたのと、ワンちゃんの場合は、7才以上の高齢犬の割合が多くなり「少子高齢化」が進んでいるので、この減少傾向は続くとみています。

私も最近ずっとネコちゃん派が増えたなぁ・・と思っていましたが、こういった調査結果を数字で見ますと、やはりそうか・・といった感じです。

「ネコちゃんとの快適な暮らし・愛猫家住宅」こちらも遠慮無くご相談下さい。(^_^)v

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

インスタグラム始めました!

ニシザワホーム・サイトの方でもお知らせいたしましたが、この度弊社では、平成最後のクリスマスを機会にインスタグラムをスタートいたしました!(^o^)

遅ればせながらやっと・・という感じですが(^_^;)、施工事例やイベント情報など配信して参ります!

ニシザワホームのアカウントですので、総合的な事例紹介ページとなっておりますが、「愛犬家住宅」の事例もおり交ぜて投稿していけたらと思っております。

不定期で少しずつですが、温かく見守ってくださいね。

ユーザーネーム:nishizawa_home

お気軽にイイね・コメント・フォローなどいただければ幸いです。宜しくお願いいたします!m(_ _)m

 

ニシザワホーム/関連スタッフコラム → http://www.nishizawahome.jp/wp/?p=5091

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

ネコとイヌの考え方!?

先日のこと、ネットを色々と見ている中でおもしろいコラムを見つけました。

なるほど!と妙にうなずけてしまったのですが・・・

イヌの考え・・

この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、心地よいすみかを提供してくれるし、よく世話をしてくれる。

「この家の人たちは神に違いない!」

 

ネコの考え・・

この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、心地よいすみかを提供してくれるし、よく世話をしてくれる。

「自分は神に違いない!」

 

・・いかがでしょうか?(^_^)

実際にこんな考えを持っているとはいえませんが、何となくイヌたち・ネコたちと普段接し、観察していると、イメージとして妙にハマるといいますか、なるほど!確かに!とうなずけ、想像していたらジワジワと笑いがこみ上げてしまった、他愛もないひと時でした。(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

愛犬家住宅かわら版110~室内で楽しくゲームをやってみよう!~

いよいよ今年もあと半月近くとなり、本格的に寒くなってきましたね。ストーブやこたつがフル稼働しているお宅も多いのでは?(^_^)

今回の『愛犬家住宅・かわら版』は、どうしても外での散歩ができない時や、一日中お家で過ごすような日にも、愛犬と楽しく過ごせるような提案をいくつかおとどけしたいと思います。

毎日の生活を淡々と送るだけでなく、一日の中で少しの時間でもちょっとメリハリをつけて、飼い主さんが積極的に遊んであげましょう!

<障害物ゲーム>

飼い主さんの身体やお部屋のクッションなどを使って、障害物レースをします。並べたクッションや飼い主さんの手や足をぴょんと飛び超えるゲーム。

「ジャンプ !」や「飛んで !」などと声をかけ、リードやご褒美で誘って、飛び越えたらすぐによく褒めます。何度も練習をしてみましょう。

失敗しても決して叱らず、少しだけでも進歩が見えたり、上手にできたらよく褒めます。最初は本当に低いところからやり始め、上達したら、少しずつ難易度をあげていきます。上手に成功させてあげ、よく褒めることが、成功させるコツです。

 

<探し物ゲーム>

クッションの下や家具の後ろなどに隠したオヤツを探し当てるゲームです。

最初はワンちゃんが見ている前でクッションなどの下にオヤツを隠し、「ど~こだ?」と言って促します。もし、分らないようなら誘導し、見つけさせます。

上手に出来るようになったら、他の部屋で待たせておいて飼い主さんが隠し、「いいよ」と言って探させます。探している間も声をかけて励まし、見つけたら「上手に探せたね」と言ってよく褒めましょう。

少しずつ難易度を上げていくと、ワンちゃんもワクワクした楽しい気持ちが持てるし、嬉しい気持ちで「待て」も上手に出来るようになります。

<どっちだ?ゲーム>

飼い主さんが両手を出し、ご褒美が入った方の手を当てさせるゲームです。

まず、手の中に隠すおもちゃやオヤツなど、ワンちゃんが大好きなものを見せ、見ている前で片方の手の中に入れてしまいます。両手を差し出し「どっちだ?」。鼻でツンと突いて欲しい場合は、入っている方の手をワンちゃんの鼻にチョンと付け、「当たりぃ !」と言って広げ、「上手だねえ」と褒めます。

ワンちゃんの手を乗せて欲しい場合は、飼い主さんがワンちゃんの手を自分の当たりの手に乗せ、同じように褒めます。

何度もやっていると、ワンちゃんもどうすれば褒められるのか分ってきて、楽しいコミュニケーションのツールになります。

こんな風に、飼い主さんに教えてもらって身体を使うことや、頭を使うことは、ワンちゃんにとってエネルギーを使うことになるので、ストレス発散になるだけなく、充実した満足感を得ることができますよ。

飼い主さんと楽しく遊ぶことで、今までよりも、もっともっと飼い主さんのことが大好きになる上に、身体も心も若々しく過ごしていくことが出来るようになります。

寒い冬、お出かけできない日にこんな楽しみ方いかがでしょうか?

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

愛猫家住宅 新商品が・・

以前・・ちょうど去年の今頃でしょうか、モダンなスチール階段などを開発・販売しているメーカー「カツデンアーキテック」さんという会社から、新しく『NeconoMa(ネコノマ)』シリーズという、『愛猫家住宅』商品を開発したという話題を取り上げました。

“ネコにとっても心地よく、一緒に住むヒトにとっても満足となる空間”というテーマをもとに開発を進め、第一弾としてキャットシェルフの『House』という商品を発売開始したというお話し。

今回、第二弾として『House』にアイテムが追加されたそうです。(^o^)

組み合わせて設置することで、ネコちゃんにとって楽しい空間を作り上げることができるそうですが、ステップに組み合わされた楽しげなハウスで、意匠的にもとてもオシャレな感じです。

リーフ・デザインのステップも出ています。(^_^)

壁に取り付けることで、ネコちゃんと飼い主さんの距離感を程よく保った空間になるとのこと・・そんなオシャレなアイテム、建材ルートとして私どもでも販売・取付け施工できますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。(^_^)

カツデンアーキテック株式会社のホームページはこちら → http://kdat.jp/

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

私事ですが・・・

タイトル通り、私事でスミマセン。

私の家の家族として迎え、私の息子として、時には兄弟のように、また時には親友として15年間共に暮らしてきた愛犬・リオンが、先日虹の橋を渡って旅立っていきました。

あまりにも短い生涯、私自身子供の頃も飼っていましたし、今回も迎え入れる時から理解をしていたはずですが、いざとなると耐えがたい辛い別れですね。(T_T)

年齢も年齢でしたが、最後は腎臓を悪くしてしまいまして・・・本人も怠かったり辛かっただろうと思うのですが、ギリギリまでいつも通りに家族と接して、心配する私たちに元気をくれて、最後は突然眠るように息を引き取りました。

現在家を出ている子供たちも戻ってきて、残った家族みんなで旅立ちを見送ってあげました。

今は、居て当たり前だった毎日に対して、居なくなって静かになってしまった日常の違和感を感じながら、それになかなか慣れることなく、寂しさが癒えることなく過ごしています。

私自身、ようやく落ち着いてこのことを綴れるようになりました。

でも、しかし!仕事の方は大丈夫ですよ!!

リオンはリオン、よそのコはやっぱりよそのコです。そこは割り切れてますので、ワンちゃんと暮らすご家庭が少しでも快適で楽しく、家族の一員であるワンちゃんが少しでも幸せで長生きできるよう、これからもいろいろなご提案を頑張りたいと思います。

私たち家族に楽しく明るい毎日を与えてくれ、そして私に『愛犬家住宅』と向き合うきっかけを与えてくれたリオン・・本当にありがとう。。。

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員