冬本番での“愛犬との暮し”注意点

いよいよ年の瀬も目前となり、弊社では本日が御用納めとなりました。

ちょうど一年前の年末、『愛犬家住宅・かわら版』として取り上げた内容なのですが、ワンちゃんと暮らしていく上で気を付けなくてはならない冬のこと・・冬本番での”愛犬との暮し”注意点

大切なことがたくさんまとめられているので、年末年始・・そして暖かな春の訪れまでの間、是非お伝えしたくて再度アップしてみました。(^_^)

 

<玄関・勝手口の締め忘れ>

年末年始の気忙しいこの時期、人の出入りも激しくなります。そこで注意したいことは家の玄関や勝手口などの閉め忘れです。ひと段落着いて気がついたら「ペットがいない!」・・なんてことも。(^_^;)

ペットと暮らしていない方にとっては、意外と気にしないものですし、飼い主さんでも荷物を出し入れしたりしていると、「うっかり」ということがあります。

また車の乗り降りの際、ドアを開けるときに犬が先に飛び降り、走行中の車に轢かれたり、走り去って迷子になってしまったりという事故がよく起きてしまいます。ドアを開ける前に必ずリードを付けることを忘れないでほしいものです。

<冬も安心できないノミ・ダニ>

ダニが活動できる温度は15℃以上、蚊が活動できる温度は22℃~31℃といわれています。

今の家屋は気密性が高い上、エアコンや暖房機などで温度も調整でき、ノミ・ダニにとっても、非常に生活しやすい環境です。

「冬だから…」と安心せず、締め切って高湿度・高温度にならないようにすることや、掃除を怠らないように注意しましょう。

<床近くの温度は大丈夫?>

「犬は寒さに強い」といわれていますが、今の犬たちの生活は室内飼育が多く、寒さにはかなり弱くなっています。室温計を犬の生活範囲の床に近い場所に置いてみましょう。暖かな空気は上にあがり、床近くは低温の場合があります。

毛布を敷いたり、ケージやベッドの下にスノコを敷いてあげても暖かさをキープできます。

<水分摂取を忘れずに>

寒くなると水を飲みたがらなくなり、泌尿器系の病気になりやすくなります。尿道が長いオス犬の場合は特に気をつけてあげましょう。

<寒くても散歩は極力実行!>

体内のカルシウムの合成、セロトニンの生産を活性化させるためにも頑張りましょう!

<ブラッシングを忘れずに>

冬季、ダブルコートの犬種はさらに被毛の密度が増すので、ブラッシングを怠ると「毛玉」の原因や、空気の流れが悪くなります。

シングルコート、ダブルコートの犬種もともにブラッシングをして、不要な被毛を取り除くことで空気の層が出来、温かさをキープすることができますし、皮膚の血行も良くなり、健康面にもプラスの働きがあります。

<服を着せる機会も多くなるけれど…>

服を着せることにより、被毛と服との摩擦で「静電気」が発生しやすくなり、犬に原因不明の元気のない症状が出ることがあります。服は長時間着せっ放しにせず、室内では脱がせておいたほうが良いでしょう。

冬の寒さや乾燥は、私たちにとっても、犬たちにとっても健康上での注意点がたくさんありますが、さまざまな工夫をしたり、便利な道具などを使ったりして、元気に過ごし冬を乗り切りたいものですね。(^_^)

それでは皆さま、今年も一年大変お世話になり、ありがとうございました。

来年もまた何卒宜しくお願いいたします。よいお年をお迎えください!!m(_ _)m

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で”愛犬家住宅””ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」、”愛犬家住宅”住まいづくり倶楽部会員

 

オシャレなキャットシェルフ

少し前に、『愛猫家住宅』のご提案用に『猫のための家づくり』という本も購入したという話題に触れましたが、そんな折、たまたま『愛猫家住宅』向けの面白い商品を見つけました。(^_^)

私どもが住宅提案を行っている中で、モダンなスチール階段などを開発・販売しているメーカーで「カツデンアーキテック」さんという会社がありまして・・

ネコ向けアイテムとして新しく『NeconoMa(ネコノマ)』シリーズという商品を開発したとのこと。

近年高齢化やストレス社会から癒しを求めるためにペットを動物としてではなく家族として考える家庭が増え、同時に室内飼いが増えた。中でもネコの人気は上昇していて、SNSの普及に伴いネコの写真を上げる人が増えた・・

そこで“ネコにとっても心地よく、一緒に住むヒトにとっても満足となる空間”というテーマをもとに開発を進め、第一弾としてキャットシェルフの『House』という商品を発売開始したそうです。

やはり・・前回申したように私も感じている、ネコとSNSの関係が大ありですね。
この『House』という商品、優しい色合いで壁面を飾るアクセントにもなるオシャレな商品。・・まさにインスタ映えしそうですね。(^_^)

ただオシャレなだけでなく、ネコちゃんにとっての使い勝手を考え、ツメの引っかかりのためのコルクシートを貼ってあったり、後付けで簡単に付けられてリフォームにも対応していたりのなかなか良い商品だと思います。

こんな、ネコもヒトも満足できるような空間として、そしてインスタ映えもするキャットシェルフ、いかがでしょうか?(^_^)

こちらの商材は、建材ルートとして私どもでも販売・取付け施工できますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

カツデンアーキテック株式会社のホームページはこちら → http://kdat.jp/

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で”愛犬家住宅””ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」、”愛犬家住宅”住まいづくり倶楽部会員

愛犬家住宅かわら版98~愛犬にとって危険な植物~

クリスマスムード一色、ちまたではクリスマス・イルミネーションが盛り上がりを見せている今日この頃ですね。

この時期から年末年始にかけて、パーティーや宴会のクズなどをワンちゃんが誤飲してしまったり、お鍋のネギやケーキのチョコレートなど毒性のあるものを食べてしまった・・なんて事故も多くなるようです。

ワンちゃんにとって毒性のある、気を付けなければならないものの中で、今回の『愛犬家住宅・かわら版』では、~愛犬にとって危険な植物~をテーマにお届けしたいと思います。

私たちにとって、暮らしに潤いや安らぎを与えてくれる植物。でも、なかにはワンちゃんが中毒を起こしてしまう植物も・・室内の観葉植物や庭に植えられている植物、散歩の途中に出会う植物など、どんな植物が危険なのかよく知っておきましょう!

この時期室内でよく見かける植物

クリスマスらしい雰囲気を演出してくれるポインセチアも、犬が口にすると危険な植物のひとつ。有毒部分は、葉や茎。嘔吐・下痢・皮膚炎などの中毒症状を引き起こすことがあります。

また、同じくよく見かけるシクラメンも、犬には危険な植物。

その他に、室内によく置いてあるアイビー、ポトス、カラジウム、セロームなども中毒症状を起こすことがありますので、愛犬が口にしないような場所に移動しておいた方が安全です。

 

庭や道端でよく見かける植物

庭でよく見かける植物のなかにも危険なものがあります。

庭木ではイチイ・ナンテン・ジンチョウゲなど。また誰もがよく知っている花で、チューリップ・スイセン・ユリ・スズラン・ヒアシンス・アジサイ・アサガオ・菊・ヒガンバナなども犬にとっては危険・・名前をあげればきりがないほどです。

そもそも犬って、本能で危険なものを回避すると思われがちですが、必ずしもそうとは限らないのです。不慮の事故を未然に防ぐためにも、飼い主さんが注意してあげたいものです。

庭やベランダなども、愛犬が口にしやすそうな場所に危険な植物は置かないようにしましょう。

また、道端の草花は食べないように、拾い食いなどはしないように教えておくことも大切ですネ。(^_^)

実際に犬にとって危険な植物はかなり多くあります。ただ、個体差もあり、有害となるレベルがはっきりしていないものも多いようです。

有害な植物に分類されているもののなかには、少量なら害のないものもあります。とはいえ、植物が引き起こす中毒症状のなかには死に至るような重大なケースもありますので、注意するにこしたことはありません。

犬にとって危険な植物を一覧にまとめてみました

シクラメン

愛犬が口にすると、胃腸炎やケイレン・神経マヒの症状が現れることがあるので要注意。

アイビー

丈夫で育てやすいので、屋内外で観賞用に重宝される植物。しかし、葉や果実には毒性があり、誤って食べてしまうと、口が渇いたり、ヨダレが出たりという症状が出る。皮膚への刺激も高いといわれている。

ナンテン

庭木として広く親しまれ、漢方では鎮咳薬となるナンテン。その実を愛犬が食べると、神経マヒを起こす可能性があるので、植える場所には要注意。

イチイ

中枢神経に重大な影響をもたらす。震え・失調・呼吸困難・胃腸炎・心不全などを起こすことも。

ジンチョウゲ

強い芳香を放ち、人気の樹木だが、愛犬にとっては花や葉が有毒となる。血便や、ヨダレ・嘔吐の症状が現れる場合もある。

チューリップ

特に球根の部分に毒性が高い。胃腸炎・ヨダレ・食欲不振・ケイレン・心臓異常などの症状。

スイセン

早春を彩る可憐な草花だが、球根に毒が含まれる。吐き気や血圧低下、胃腸炎などの症状。

ユリ

毒性が高く少量でも腎臓に重大な影響を与える。ユリ科の植物には、球根に毒を含むものが多い。

・・などです。まさに美しいものには毒がある・・でしょうか!?でも、なんでもかんでも口にしてしまう癖のあるワンちゃんは、出来るだけ気を付けて直しておきたいものですね。(^_^)

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で”愛犬家住宅””ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」、”愛犬家住宅”住まいづくり倶楽部会員

日よけのオーニング

先日のこと、『愛犬家住宅』仕様のリフォーム工事を施工させていただいたビーグル2頭と暮らすお客様・N様から、玄関先に日よけのオーニングを取り付けて欲しいとご依頼がありました。

・・正確にはご依頼があったのはもっと前で、先日やっと設置が出来たのでした。工事の段取りが出来ず、かなりお待たせしてしまいました。

もう日よけという季節ではなくなってしまいましたが、庭のドッグランで遊ぶワンちゃんたちを見ている間の、飼い主様用の木陰的な存在に。(^_^)

構造的にも下地などの都合があり、設置カ所も色々検討を重ねて参りましたが、無事取り付きました!(^o^)

ワンちゃんたちに登場いただき、雰囲気だけでも・・

今は季節的に太陽高度が下がっているので、日陰も途中までしかありませんが、夏の暑い頃は太陽高度が上がり、イイ感じの日陰が出来るはず。

ちなみに、木陰をイメージして目にも優しいアイビーグリーンのキャンバスは、汚れ防止のコーティングが施され、遮熱機能も持っています。

飼い主さんの日射対策として、ワンちゃんのクールダウンスポットとして、来年の夏はきっと大活躍してくれると思います。(^_^)

N様、お待たせして申し訳ありませんでした!そしてご用命誠にありがとうございました!m(_ _)m

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で”愛犬家住宅””ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」、”愛犬家住宅”住まいづくり倶楽部会員

 

来年用のカレンダーを

来年は・・もう皆さんご存じかと思いますが『戌年』・・そう、犬の年ですね。(^_^)

お店とか行っても来年の干支にちなんだグッズなどもチラホラ目にする今日この頃ですが・・

先日、会社ショールームに置くためのカレンダーを見に行きました。あまり大きな目立つものじゃないものを置きたくて。

干支に関係ないデザインも多く店頭に並んでいましたが、いつもの年と比較しても圧倒的にワンコもののカレンダーが多く並んでいました。

そんな中、お!っと目を引いた、目立たずに可愛い感じのワンコカレンダー。

雑貨などを飾り付けたショールームなので、雑貨っぽくて、さりげなくて、ワンコで・・という条件を満たしていてイイ感じ。

同じデザインで何種類かの犬種がありましたが、このコーギー型は胴長で、一番カレンダーの数字が見やすかったので、これに決定!(^_^)

月毎に茶色い毛の部分の濃淡が微妙に違ったり、表情が少し違うんですよ。

少しずつ来年に向けての準備も進んでいます。

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で”愛犬家住宅””ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」、”愛犬家住宅”住まいづくり倶楽部会員

 

ローカルな話しですが・・・

地元長野市の広報誌の12月号が届きました。

何気なく読んでいると・・カラーの裏表紙に「犬の散歩ができる公園が増えます」と。

ここ長野市内の公園の多くは動物を連れては入れないところが多く、車の通行などによる事故の恐れが心配ない場所で、愛犬とゆっくり散歩・・というところがなかなかない実情があります。

現在市内でも5カ所程度しかなかったのですが、来年1月1日より3カ所増えるらしい・・長野市に住む愛犬家の皆さまには嬉しいニュースですね。(^_^)

時代の流れと共に、ペットの果たす社会的役割も増えてきたからとのことです。

ただし、芝生広場や子供さんたちが集まる遊具エリアはNG。当然のことながら、これからもワンちゃんOKを維持し、今後もそういった理解あるスペースを拡げているようにするためにも、私たち飼い主としてのマナーが大事となりますね。

ちなみに、長野市保健所動物愛護センターでは、毎月愛犬の正しい飼い方・しつけ方教室を開催したり、インターネット市政放送では、飼い主のためのマナーアップ動画もあるそうですよ。(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で”愛犬家住宅””ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」、”愛犬家住宅”住まいづくり倶楽部会員

 

『猫のための家づくり』も・・

10月の前半に、業界向け月刊雑誌で「犬のための家づくり」という特集が組まれ、つい買ってしまったという話題を取り上げましたが、ずっと気になっていてまた先日購入した雑誌があります。

・・それは『猫のための家づくり』!(^_^)

え!?猫なの?!と思うなかれ!なかなかどうして、やはり近頃は愛猫家の方も多いのでありまして・・

周りのお話を聞いても、猫を実際に飼っていたり、潜在的に猫が好きという方が最近多いなという認識はありました。SNSのインスタグラムの投稿を見ていても、直接的な”犬”とか”猫”に関するタグ付けとは別に、無関係の景色とか旅行先などのテーマで投稿される方でも、家では猫を飼っていると、たまに猫を載せる方が多いような気がします。

・・なので、ネコちゃんのご相談にも対応すべく勉強を積極的に行いたいと思い、この『猫のための家づくり』、参考書的な観点で購入してみました。(^_^)

本の内容は、猫のいたずら対策であったり、猫も人も落ち着く空間づくり住まいの中での危険から愛猫を守る、などなど・・・

まさに『愛犬家住宅』のネコちゃん版。とても親切に分かりやすくまとめてある本だなと感心させられました。株式会社エクスナレッジから発売されてます。

ついでにもう1冊・・『I’m home』の11月号。隔月刊の住宅デザイン雑誌ですが、今回の特集がなんと”猫と暮らす、犬と暮らす快適で美しい住まい・LIFE WITH CATS & DOGS”

ワンちゃん・ネコちゃんたちの簡単な図鑑と、プランニングの特徴、デザイナーさんが手がけた住まいの事例などが載っていて、これはこれでペットと共生する住まいのオシャレな事例としてまた参考になります。

やはりご提案する、プランする立場の人間である私たちも、日々こうした事例や参考資料を見て勉強する必要がありますね。(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で”愛犬家住宅””ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」、”愛犬家住宅”住まいづくり倶楽部会員

 

子供の洋服を・・

先日、ウチの奥さんが家の中をいろいろと片付けている際、捨てられずにずっと取っておいた子供の洋服をおもむろに出してきました。

そのままハサミでチョキチョキ・・・

どうしたの?と聞くと「たまたま見つけて、もったいないからリオンに着せようかと。」

確かに人間用なので、それなりに加工しないと着られません。特にわが家のリオンは首から胸回りがフサフサ・・一応ロンチワではなくパピヨンなもので・・(^_^;)

市販のものは首回りがキツかったり、袖も長いとイヤがるし、でも季節柄少しは袖が欲しいし・・あ、全て飼い主の勝手な判断ですが。

というわけで、こんな感じに出来上がりました!!(^_^)

子供のお下がりリサイクルですが、本人もまんざらではないようです。・・と思う。(^_^;)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で”愛犬家住宅””ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」、”愛犬家住宅”住まいづくり倶楽部会員