1年ぶりのお伺い・・

以前に大型ウッドデッキとドッグランを工事させていただいたお客様・・・

メンテナンスでお伺いしてからちょうど1年経とうという頃、ウッドフェンスの追加延長のご依頼をいただき、先日お伺いしてきました。

ゴールデン2頭と小型犬1頭を飼われているお客様・・やはりワンちゃんが大きいためか、デッキの木材はそれなりにキズもついたりしていてますが、それがまた使い込まれた味となり、あえて塗装せずに自然なイメージにした杉材はイイ感じの色味になっていました。

台風の影響や長雨でなかなかタイミングが合わなかったこの頃でしたが、先日ちょうど長雨の合間の晴れ間に工事が完了!

毎回工事の度にそうだったのですが・・今回もワンちゃんたち、しっかり現場監督で見守っていてくれてます。(^_^)

今までお隣のフェンスがあって省略させていただいていたウッドフェンス・・今回追加延長したことによって全体の印象が揃い、やはりキレイですね。

さすがに1年経過したものと、新しく処理したばかりの杉板では色味が合いませんが、しばらくすると馴染むことでしょう。

お休みには皆でデッキへ出てバーベキューをしたり、ワンちゃんたちはドッグランで走り回ったり、楽しんでお使いいただけているとのこと、本当に良かったです。

お出掛けから帰って、今回の工事完了をご確認いただいたお客様から”ありがとう”のスナップ写真が届きました。

ワンちゃんたちとてもイイ笑顔です!(^_^)

こちらこそお声掛けいただき、ありがとうございました!! m(_ _)m

 

 

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」

 

ゆずの日記.リフォームのお客様

ゆずママこと中山です。(*^_^*)

先日、ゆずを連れて外装とキッチンのリフォームをご依頼いただいた、長野市A様のお嬢様Y様邸におじゃましました。

A様というのは、今年新築お引渡しをしたお客様で、今回はそのお嬢様のお家ということで、またのご縁にとても感謝をしているゆずママです。

外部の工事は、屋根の塗り替えが完了し、今は外壁の目地コーキングを増し打ちしまして、ちょうど下塗り塗装1回目でした。この頃の長い雨で職人さんもお空とにらめっこです。

キッチンは、食洗機付きのIHヒーター仕様のものに交換。もちろん照明器具もLED仕様です。パナソニックさんの「リフォムス」というシステムキッチン・・扉柄も最新柄ですよー!

そして・・・・(*^_^*)

可愛いワンチャンのご紹介。トイプードル三姉妹の長女フルールちゃん10才、次女バニーユちゃん9才、三女ヨツバちゃん4才・・ヨツバちゃんはゼンマイ仕掛けのような可愛い動き。

連れていったゆずも一緒に遊べるかなーって思ったのですが・・・。

とても内弁慶なゆずは、なかなかワンチャンたちの中にとけ込めませんでした。残念・・・。

ゆずに、いろいろな珍しいおやつをいただきました。Y様ありがとうございました!!(^o^)

 

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」

 

リビングの一角に・・

7月に初めてお邪魔して打合せしました、ビーグルの男の子と暮らす愛犬家様のお宅・・場所は上田市で、ちょうど「真田丸」で盛り上がりを見せている「真田の郷」

「いつも一緒にいられるリビングの一角に、トイレコーナーを兼ねたケージスペースをつくりたい!」というご依頼が始まりでした。

ビーグルくんのお部屋づくり今月から着手して、先日ようやく完了いたしました!(^o^)

「既存の出窓下をトイレコーナーにしたい・・でもその場所冬はスースーして寒いんです。」ということでしたので、内側からポリスチレンボード系の断熱材を重ね張り。保温・断熱性を保ってから、お手入れが楽なようにと、キズに強いのが目的で、ケージスペース内の床と出窓下の壁面まで一体に重歩行用の塩ビシートを貼りました。

縦格子のウッドフェンスで囲い、スライドゲートを付けて・・・でも、隣にピアノやソファーあって粗相が心配、とのことでしたので内側に樹脂ガラスでガード。

玄関への飛び出し防止ゲートも付けて、最後の仕上げに滑りにくく、キズ・汚れに強い特殊ガラスコーティング『AJパーフェクトコート』を塗って完成です。

『AJパーフェクトコート』は、立ち上げた出窓下壁の塩ビシートにも塗布。手入れがさらにラクラクです!(^_^)

とてもシャイなビーグルくんは、新しいお部屋も恐る恐るといった感じ・・大丈夫!滑りや粗相なんか気にせず、安心して思いっきり家族と遊んじゃってください!!(^o^)

 

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」

 

愛犬家住宅かわら版81~ワンちゃんにも起こる椎間板ヘルニア~

最近、新築であったり、リフォームであったり、お客様とお打ち合わせ・プランニングをしていく中で『愛犬家住宅』仕様にするケースが増えてまいりました。(^_^)

その中でたまたまなのですが、ここのところお客様の飼われているワンちゃんが”ミニチュアダックス”という事例が続いておりまして・・・

やはり、ワンちゃんも飼い主さんも「安心・安全・快適」な住まいをご提案する中で気をつけなければならないこと・・特に”ミニチュアダックス””コーギー”など気をつけなければいけないの病気に『椎間板ヘルニア』が挙げられます。

『椎間板ヘルニア』は、腰や首などに激しい痛みを伴い、日常生活にも影響が出てしまうこの病気は、実は人間だけの病気ではなく、ワンちゃんにも起こる病気の1つです。

ちょうどそんなこともありまして、今回の『愛犬家住宅・かわら版』「ワンちゃんにも起こる椎間板ヘルニア」についてお届けしたいと思います。

 

<椎間板ヘルニアとは>

背骨(脊椎)は、椎骨と椎骨の間にあるクッションのような働きをする「椎間板(ついかんばん)」でつながっています。この「椎間板」が老化して変形し、外に突き出てしまったり、椎間板内にある「髄核」が押し出されたりする状態を【椎間板ヘルニア】といいます。

背骨の上には、神経細胞(脊髄)が詰まった脊椎管があり、椎間板ヘルニアになるとその脊椎管内の脊髄や神経を圧迫して神経マヒを起こします。治療せずにいると、神経細胞が壊死してしまい、立てなくなってしまう恐れもあるのです。

 

<椎間板ヘルニアの症状>

ワンちゃんに下記のような症状が見られたら、椎間板ヘルニアの疑いがあるかもしれませんので、動物病院で診察するようにしてください。

  • 触ると痛がる
  • 散歩に行きたがらない
  • 走らなくなる
  • 腰をかばって歩いている
  • 抱っこしたら痛がる
  • 階段(段差)を嫌う
  • 後ろ足がふらついている
  • ヨロヨロしながら歩いている
  • 立ち上がることができなくなる
  • 後ろ足が動かせない
  • 自分で排泄できなくなる

 

<椎間板ヘルニアになりやすい犬種・状況>

椎間板ヘルニアは、胴が長くて足の短い犬種(ダックスフンド、W.コーギー、ビーグルなど)が発症しやすい傾向にあります。また、体重の重い大型犬などもかかりやすいと言われています。

椎間板ヘルニアにかかりやすい犬種は、骨の構造上、脊椎への負荷が大きく、さらに、元気よく跳んだり、走りまわったりするので、脊椎に大きな負荷がかかり、椎間板を傷めやすくなります。

上記の犬種以外でも、過剰な運動は椎間板ヘルニアを引き起こす原因の一つです。

背骨に強い刺激が加わるような過激な運動や、無理に首を引っ張るような運動は、頸椎(けいつい)に負担をかけることになるので避けるようにしましょう。

また、室内では、急勾配の階段の上り下り時や、ソファーなど高い場所から跳び下りた時、遊んでいる最中にフローリングの床で滑ってしまった時などに脊椎に負荷がかかりやすいので、注意してください。

<予防法>

  • フリスビーやアジリティなど、脊椎に大きな負荷のかかる激しい運動をなるべく控える
  • フローリングなど滑りやすい床には、カーペットなどの敷物を敷いて滑らないようにする
  • 階段の上り下りをさせないようにする・ソファーなどへの高い場所への跳び乗りや跳び降りをさせないようにする
  • 抱き上げる際に、前足だけをつかんで抱き上げないようにする
  • 体重増加により背骨に負担がかかるので、肥満にならないように食事の管理に気をつける

 

上記のようなことに気を配ることによって、椎間板ヘルニアになる確率を減らすことができます。このような飼い主さんの気配りや注意が、椎間板ヘルニアを予防し病気の発生を減らすことにつながります。

ワンちゃんに辛い思いをさせないためにも、日ごろの愛犬の様子をよく観察し、病気の早期発見を心がけましょう。(^_^)v

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」

 

TOYOTAドッグサークル

最近、「秋のお出かけシーズンに向けて」ということで、ボルボ・ジャパンのホームページであったり、ワンちゃんの車酔いに関するヤフー・ニュースの記事をご紹介いたしました。

今日は関連ネタで、ワンちゃんとのお出かけに、初心者よりも慣れている人の方が起こしやすいミス・・『慣れてきたからこそ危険な”うっかりミス”とその対策』そんなためになる面白い内容を掲載しているホームページをご紹介します。

TOYOTA自動車のホームページにリンクしている『TOYOTAドッグサークル』という、ワンちゃんとドライブを楽しむためのサイト。

以前、そのサイト内でもワンちゃんの車酔いに関する記事があってご紹介したことがあるのですが、今回は『うっかりトラブル対策マニュアル』というページ。

10のトラブル事例と対策が載っていまして、「思いっきり楽しんだ日の夜、愛犬の足に異変?!」ですとか、中には「うんち袋が車から飛んでいった!」なんてトラブル事例がありました。(^_^;)

コーナー内では他にも「イヌとのドライブ虎の巻」、「うちのコ健康診断」などもとても参考になりそうです。

また”愛犬との生活をより快適に”『犬百科』という、犬種ごとにお手入れポイントや獣医師からのアドバイス、車でのお出かけアドバイスなどが掲載。

ちょっと見ない間にどんどん内容が充実していく『TOYOTAドッグサークル』のホームページですね。Facebookページもあります。

是非お時間のあるときにでも覗いてみてください。私の好きなサイトのひとつ、オススメのサイトでもあります!(^_^)

 

『TOYOTAドッグサークル』HPは → http://dog.toyota.jp/

『うっかりトラブル対策マニュアル』ページは →  http://dog.toyota.jp/tips/trouble/manual1-5.html

 

 

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」

 

犬も車酔い

前回、ボルボ・カージャパンの公式ホームページに掲載されている、ワンちゃんと一緒のドライブに関するページを紹介いたしました。

今回ちょうどその関連ともいえる「犬にも車酔いがあるんです!」という話が先日ネットのヤフーニュースに掲載されました。

これから秋に向かって天気が良い日は出掛けたくなりますよね。散歩もイイですが、愛犬と一緒にドライブなんて楽しいと思います。(^_^)

そんな機会も増えてくることから、ワンコの車酔いネタが掲載されたのだと思いますが、車酔いしてしまうワンちゃんは実際に結構いるらしいです。

「うちのコは車酔いするのでどこへも行かれないんです。」なんて話も私の周りで聞いたことがあります。でも、無理をすると車に乗ることすらキライになってしまうこともあり得ますから、出来るだけ車酔いしないように原因となるものを少しでも減らしたいものですね。

実は私自身も子供のころ重度の車酔いしてまして・・大人になって自然に治りましたが、今でも乗り物内でヘンな姿勢をとったり、ケータイをいじっていたりすると、ヤバい気配のときも・・(^_^;)

なので車酔いするものの気持ちは分かります。

今回は、そんな「犬にも車酔いがあるんです!・愛犬とドライブに出かける時の心得」の記事をご紹介でした。(^_^)

ヤフー・二ユースの記事はこちら → http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160828-00010000-dime-life

元ネタである@DIME(アット・ダイム)では、関連して「愛犬とドライブに行く前に!知っておきたい犬の車酔い予防法」という記事も出ています。

@DIMEの記事はこちら → http://dime.jp/genre/261229/

 

 

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」