「愛犬家住宅かわら版60」~ジメジメ・蒸し蒸しの季節を乗り越える~

気が付けば6月ももう終わり・・早いもので今年ももう半分が終わったことになりますね。

しかし、まだ季節的には梅雨のまっただ中・・まだまだこのジメジメ・蒸し蒸しした日々は続きます。

このジメジメとうっとうしい梅雨、湿度が高く蒸し暑い日が続くと思えば、思いのほか涼しかったりと、過ごしにくい季節です。愛犬たちにとってもこの時期、意外と被毛や皮膚のトラブルが起きやすい、要注意季節です!

今回の『愛犬家住宅・かわら版』は、そんなテーマの~ジメジメ・蒸し蒸しの季節を乗り越える~をお送りいたします。

 

「現代お散歩事情」

昔は雨の中、濡れても楽しそうにお散歩する中・大型犬をよく見かけましたが、最近では、雑誌などのアンケートで「雨の日はお散歩に出ない」という飼い主さんが8割近くになったりしています。驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、犬にとってのお散歩とは天候にかかわらず必ず行くもの・・という考え方はもはや過去のものになりつつあります。

小型犬の中には、濡れると歩きたがらないワンちゃんもたくさんいるのも事実です。

そこで問題になってくるのがトイレ事情。外でしかトイレの出来ないワンちゃんの場合、天候とは無関係にお散歩に行かざるを得ません。

もちろん、レインコートを着て傘をさして、愛犬と出かける雨の散歩を楽しめる飼い主さんならなんにも問題ありませんが、手間を減らしたい方や、先のことを考えると、愛犬に室内でもトイレを出来るように教えておくのがベストです。将来愛犬が年を取った時や、体調の悪い時などに負担をかけなくてすみますね。

 

「皮膚トラブルやニオイに注意」

湿気の多い季節は、どうしても細菌が繁殖しがちです。

愛犬の寝床やマット・玩具・食器などを、いつもに増して清潔に保つように心掛けましょう。水も、一度口を付けると雑菌が繁殖しやすいので、出来るだけ小まめに取り替えましょう。

また、被毛が唾液などで濡れたままになっていると、雑菌が繁殖して変色したり、ニオイの温床になってしまいます。お散歩帰りも、お腹や足先などの汚れをちゃんと落とし、しっかり乾かしましょう。パッドのまわりの毛は小まめにカットし、お腹まわりの長毛を刈り込んだり、サマーカットなどにすると、お手入れが楽になります。

毎日ブラッシングして、死毛を残さないようにすることも、皮膚トラブルとニオイの回避につながります。

 

「梅雨時期こそ怖い熱中症!」

気温が真夏ほど高くなくても、湿度が高く風の抜けないこの時期は、熱中症の危険性が高い時期です。今から冷房や扇風機などを上手に使用して空気の流れを作ってあげましょう。

ただし、冷やし過ぎには要注意!

また、雨上がりのお散歩にも注意が必要です。晴れれば強い日差しで、道路から大量に水蒸気が発生します。人間より地面に近いワンちゃんのまわりの湿度は急激に上がってしまいます。

貴重な晴れ間だと無理してお散歩時間を長くせず、愛犬の様子をよく観察しながら、適量なお散歩時間やコースを心掛けましょう。

 

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」

 

お引き渡しとなりました!

先日の「ゼロエネ×愛犬家住宅」の見学会イベントで大変お世話になりましたK様邸が、本日お引き渡しとなりました。

各メーカーや業者による使用説明から各カギの確認とお渡しなどさせていただき、後はもういつ引っ越していただいてもOKです!! (^_^)v

あ、でも今回はバタバタとしてタイミングを外してしまいましたが、後日ちゃんとカメラマンさんにより、ワンちゃん込みの竣工写真を撮影させてもらう予定ですので、また改めてご紹介したいと思います。

ただ今回、イベントに行かれなかったので写真だけでも見たいというお声をいただきましたので、そんな方に向けてこの場をお借りしてちょっと一部をご紹介したいと思います。

 

ちなみに今日も一日暑かったです。午前中すでに30℃に達してこのまま昼過ぎにまだ上昇しそうな勢いでしたが、屋内はどの部屋も一定していて22~23℃をキープしていました。

これには見学会来場のお客様も皆驚かれていましたし、今回のお施主様にはとても喜ばれています。

ワンちゃんが共に暮らす場合、一日中家にいるワンちゃんのためにエアコンを稼働させるのは光熱費がかさみますから、エアコンに頼らなくても快適でいられる住まいは本当にオススメですよ!! (^_^)v

 

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」

 

リードフック取り付けに行きました!

先日、「愛犬家住宅」を新築させていただいたお客様のお宅へ、リードフックの追加取り付けのご依頼がありまして行ってきました。

係留用リードフックは、もともと新築時に屋内・外に数カ所設置してお引き渡ししたのですが、やはり実際に生活されて、ワンちゃんとの毎日の暮らしの中で「このへんにあったらいいな・・」が出てくるものですよね。

今回伺ったのはかわいらしいゴールデンの女の子・アリスちゃんのお宅です。

アリスママからは簡単に外れない仕掛けのしっかりしたフックを!とのご希望でしたので、以前にここのブログでもちょっと触れたことがあるのですが、バネ式のロックが付いたワンコ型のフックを早速ご提案!

大小の2サイズあるこのフック金物、もちろんゴールデンサイズは大きい方で・・

こんな感じで付きました!(^O^)

 

------------------------------------

弊社、ニシザワホーム・本サイト「スタッフコラム」で、愛犬家住宅完成見学会に向けた記事をアップしています!

~今週末の見学会場は・・~

→ 「ニシザワホーム・スタッフコラムはこちら」

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」

 

ゆずの日記.軽井沢へ

皆さん、こんにちは!愛犬家たまごのゆずママです。(^^)

先週の日曜日、Facebookでお友達になった「軽井沢わんストーン」さんへ遊びに行って来ました。

場所は軽井沢駅北口から徒歩で約5分、近くに町営駐車場(2時間無料)、新緑の公園も隣接ですよ。

「軽井沢わんストーン」さんは、わんちゃん用のハンドメイドの首輪やリード、キラキラしたスワロフスキーがたっぷり付いた首輪や本革のハーネスなどが大人気のお店です。

室内は手作り感たっぷりで、革職人さんの手作りの棚にはビックリしました。

オーナーの岡田祐美子さんと、ソラちゃん、チェリーちゃんにもお会いしましたよ。

ゆずにもスワロフスキーのハートのネックレスを購入。

ソラちゃん、チェリーちゃんとゆずは記念撮影しました。

ちゃわちゃわ組写真も大変でした。(^^)

 

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」

 

「愛犬家住宅かわら版59」~知っていますか?人気犬種の雑学知識~

ワンちゃんってたくさんの犬種があって、その色・形から性格まで様々ですが、わが家のワンちゃんについてだけでなく、人気の高い犬種の特徴を知っていれば、お友だちとの話題も広がりますよね。 (^_^)

今回は、そんな犬種の中から一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)の犬種別犬籍登録頭数、2008年から7年間、不動の第一位を守っている「プードル」についての雑学知識をお届けしたいと思います。

<世界の中のプードル人気>

プードルの中には、4種類の大きさのプードルが含まれていますが、登録数の9割以上が「トイ・プードル」です。日本のトイ・プードル人気は世界一なんです。

もちろんプードルは日本以外でも人気が高い犬種で、アメリカAKCでも8位ですが、トイ・プードルは多くありません。

プードルの原産国はフランスですが、ヨーロッパではトイ・プードルは非常にレアな存在で、断然人気を誇るのは、ミニチュア・プードル、ミディアム・プードル、次いでスタンダード・プードルです。

<トイ・プードルの人気の秘密>

プードルの最大の特徴は、その被毛にあります。換毛期(年2回、春と秋に毛が抜け替わる時期)のある犬とは違い、シングルコートと言う毛質のため、換毛期がありません。

そのため、大量に毛が抜けて、飼い主の服や車の中が毛だらけになったり、掃除に手間が掛かったりしません。もちろん動物アレルギーに関しても、換毛期がある犬種より避けられる可能性があります。

その上で、改良された小型のプードルとなれば、日本の狭い国土や住居事情にはぴったり!性格も明るく穏やかで、訓練性も高く、愛玩犬として非常に飼いやすい犬種です。(^_^)

<代表的なプードルとのMIX犬>

毛が抜けないと言う特徴が好まれ、色々な犬種とのMIX犬も人気です。

*ラブラドゥードル(正式名称はオーストラリアンラブラドゥードル):動物アレルギーを持つ方の介助犬になることや、視覚障害の方の掃除の手間を軽減できるなどを目的として、ラブラドールレトリーバーとのMIX犬が活躍しつつあります。現在日本にはまだブリーダーはいませんが、狂犬病清浄国のオーストラリア出身です。

*コッカープー:アメリカン・コッカ―・スパニエルとのMIX

*ダップー:ミニチュア・ダックスフンドとのMIX

<プードルで注意したいこと>

毛が抜け替わらずに伸び続けるので、定期的なカットやトリミングなどが必要で、育てていくい上でその分の費用がかかります。もちろん、飼い主による小まめなブラッシングなどのお手入れも欠かせません。

また、頻繁な繁殖と小型化の繰り返しで、犬種固有の遺伝的疾患などが出る場合もあります。もともと健康的で活発な犬種ですが、網膜が萎縮する目の病気や、ホルモンの過剰分泌の病気、小型犬に多く見られる心臓病などに注意が必要です。

特に、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)という、後ろ脚の膝蓋骨がずれたり外れたりする疾患が、先天性後天性ともに、多い傾向があります。ジャンプなどが得意な犬種ですから、要注意です。

<プードルの大きさに因る分類(生後1歳を過ぎた時点)>

スタンダード

  • 体高 45㎝ ~ 60cm
  • 体重 16㎏ ~ 25㎏ 前後
  • お座りした時の頭までの高さ 80㎝

ミディアム

  • 体高 38㎝ ~ 45cm
  • 体重  8㎏ ~ 15㎏ 前後
  • お座りした時の頭までの高さ 65㎝

ミニチュア

  • 体高 28㎝ ~ 38cm
  • 体重  6㎏ ~  7㎏ 前後
  • お座りした時の頭までの高さ 50㎝

トイ

  • 体高 28㎝ 以下(26cm が望ましい)
  • 体重  3㎏ 前後
  • お座りした時の頭までの高さ 38㎝

ティーカップ(公認犬種ではなく、登録ではトイに含まれる)

  • 体高 25㎝ 以下
  • 体重  2㎏ 以下(AKCでは1.5kg 以下)
  • お座りした時の頭までの高さ 28㎝

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」

 

省エネリフォーム

皆さん、こんにちは!愛犬家たまごのゆずママです。 (*^_^*)

先日のことです。長野市Y様邸にて、「省エネ住宅ポイント」対象の断熱内窓を取付ました。

一時期お住まいの新築・リフォームで助成金の出るお得な制度「住宅エコポイント」というものがありましたが、今現在は「省エネ住宅ポイント」と名前を変えて、自から居住するお住まいに対し、エコ住宅を新築される方とエコリフォームをされる方を対象にポイントが発行される制度が行われています。

発行されるポイントは新築は1戸あたり30万ポイント、リフォームは1戸あたり上限30万ポイントの範囲で工事等の内容に応じたポイントが発行されます。(耐震改修を伴うエコリフォームの場合1戸あたりの上限は45万ポイント。)

もちろん、そのポイントでエコ商品や商品券、工事のグレードアップなど有効にお使いいただけますよ。

今回のY様のお宅は窓の断熱改修・・・畳の部屋の今ある障子を、障子風の格子入り断熱内窓に交換させていただきました。

見た目は似ていますが、その性能・効果は全然違うんですよ!(^_^)

Y様は、昨年愛犬くうちゃのウッドデッキわつくらせていただいたり、築27年のお宅の大型リフォームさせていただきました。

↓ くうちゃん、ウッドデッキで気持ちよさそうに遊んでいました。(^_^)

いつも声をかけて頂き、Y様ありがとうございます!m(_ _)m

 

 

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」

 

愛犬家住宅リフォーム進行中!

長野はやはり冬の間寒いため、住宅関連でも特にリフォームは、お客様が住まわれているままのお宅を工事することが多いので、「暖かくなってからお願いしますね。」という話になります。

そんなことでリフォーム工事関連も春からバタバタと始まっていまして・・・今ちょうど「愛犬家住宅」リフォームも進行しているところです。

また完成しましたら改めてご紹介したいなと思っていますが、ちょっとだけ現在の雰囲気をご紹介しますね。

今回のお宅はビーグル2匹と一緒に暮らしていらっしゃるお住まいです。

元々玄関だった場所ですが、玄関を1ブロック隣に移し、その分リビングを広げてドッグスペースづくり中!ケージスペースは、周囲壁をセルローズファイバーを充填し、ボックス本体も吸音材を充填して、鳴き声などの響きをおさえます。

ケージスペースの脇には小さな窓が・・・ワンちゃんたちが庭先のドッグランとの行き来に通る出入口・・寒冷地仕様の断熱サッシを用いてます。

住まいの断熱化目的と、ワンちゃんの鳴き声が周囲へ漏れにくくする遮音目的で、窓サッシ内側へもう一重のサッシを追加。建物の性能・快適性が向上します。

大工棟梁が工場の方で製作しているのは、ワンちゃんが飼い主さんと寝室で寝る時にクレート2台ごと入るボックスです。やはり吸音入れたり、手入れのしやすさを考えてメラミンパネルを貼ったりしました。

キャスターも付けて移動も出来ます。

・・・でも、とてもしっかりしたのが出来たのはいいのですが、予想以上に大きく、重くなり過ぎてしまって・・・

軽量化を図ったりしてもう一度組み直すことになりました。 (^_^;)

こういった経験もまた今後に生かしていきたいと思います。

 

 

愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で愛犬家住宅を手がける建設会社、愛犬家住宅コーディネーター(AJC)のいる「総合建設西沢商会/ニシザワホーム」