愛犬家住宅ネットワーク全国大会へ

先日、事務局のある東京新橋にて、『愛犬家住宅ネットワーク全国大会』が開催され、出席してきました。

今回是非聞きたかったのは、「愛犬家住宅」を得意とされ、今までも度々TVや雑誌などで作品が取り上げられたことのある建築家・前田敦先生の講演。「愛猫家住宅」のお話まで聞けるとのこと。(^_^)

もう一つが、私ども地元長野で、犬のしつけ行動学と飼育環境の専門家としてご活躍の獣医師・山下國廣先生の講演「犬との暮らしと飼育環境の深い関係」

ここ数年は予定が合わず参加できなかったのですが、今回は普段お目にかかれない先生方のお話が聞けるということで、何とかギリギリに滑り込みで参加の申込み!

行ってきました!(^o^)

内容は、また改めてお伝えしたいと思いますが、とても勉強になりましたよ!

またギリギリに申し込んだのに、なぜか私の活動事例などを皆の前で話して欲しいと言われ、お話しする時間までいただいてしまう羽目に・・・

内容をまとめる時間が全然無い中でのお話しでしたので、皆さんにどのくらい伝わったのか全く自身ありませんが・・(^_^;)

何にしても、とても刺激になった一日でした。また今後のご提案・プランニング活かしていきたいですね。(^_^)

新橋の駅前はちょうど古本市が催され、駅前のランドマークでもあるSLにクリスマスイルミネーションが施され・・なんとなく年の瀬が近いことを意識せざるを得ない、今年もあとわずかと焦りを感じつつ帰ってきました。(^_^;)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

愛犬の居場所について

私は、『愛犬家住宅』のプランニング段階で、「ワンちゃんの部屋となる居場所をちゃんと考えましょう!」と、よく口にするのですが・・

ワンちゃんも家族の一員、お子様の部屋をどの向きで何帖間にして・・と考えるのと同じことだと説明します。(^_^)

最近の傾向としてリビング階段も多くなりましたが、オススメは階段下のスペース。

普段家族が多くいるエリアで、やはり集い和みの場所はワンちゃんにとっても楽しい場所。スペースがあればリビングなどの一角をケージスペースにするのですが、飛び出してスペースを確保するのが難しい場合は、やはりデッドスペースにビルトイン!ですね。(^o^)

今回そんな事例として、弊社の施工例や、全国のAJC(愛犬家住宅コーディネーター)さんの事例をちょっとご紹介。

階段下を横からのアプローチでスペースを造った事例。内部からその周辺までタイル張りにして手入れをしやすくしています。何かの際にゲートを閉めることもできます。

階段下を正面からのアプローチでスペースを造った事例。内部をタイル張りにして手入れをしやすくしています。奥は外部に面しているので窓を設けワンちゃんが外も眺められます。

オープン階段の一角を仕切ってスペースにしています。リビング反対側からのアプローチで、ワンちゃんは丸窓からリビングの様子が見られます。

廊下階段の場合も少しのスペースで造ることができます。内部をタイル張りにして手入れをしやすくしています。

いかがでしょうか?(^_^)

新築の場合は、プランニング段階からスペースや仕様を考えておくと良いですね。状況にもよりますが、もちろんリフォームで造ることも可能です。

愛犬との暮らしは、『愛犬家住宅』のプロ、AJCへお気軽にご相談ください。

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

暮らしの困ったを解決!~掃き出し窓~

一般的な戸建て住宅の場合、リビングなど1F南側の窓サッシは、おおかた床から始まる掃き出し窓になっていると思います。

その掃き出し窓からテラスや庭に出入りしたり・・・ほぼフラットにウッドデッキがあったり、タイルデッキなどがあるお宅は申し分ありませんが、結構ステップの段差が大きなお宅も多く、場合によってはそのまま地面まで約60cm位の高低差があるお宅もあります。

元気なワンちゃんは、そんなことを気にもせず飛び降りてしまったり・・でも、ちょっと待って!(>_<)

急な段差はワンちゃんの足腰にとても大きな負担がかかります!特に高齢犬ともなると、股関節の病気や脱臼などのケガにつながるケースもあるんですよ。

そんな、大きな段差も“愛犬と暮らす”上での“困った”の一つ。ウッドデッキを造るにはスペースがない、予算がない、ちょっとしたもので何か簡単な良いものはないかなぁ?

そんな時に簡単なリフォームで解決できる商品として、城東テクノ(株)さんの『ハウスステップ』というオススメ商品があります。(^_^)

サイズの違うパーツが何種類かありまして、組み合わせて置くだけ!簡単!段差解消!です。

愛犬もラクラク上り下りできますし、なんと!ステップの内部は収納になっていて、愛犬と遊ぶオモチャとか、園芸用品などを収納できて便利なんですよ。

弊社では普段、勝手口のステップとして採用し、万一の非常持ち出しグッズを収納するとイイですよ・・とご提案しています。

そんな『愛犬家住宅』にオススメの便利商品いかがでしょうか?お気軽にご相談ください。(^_^)

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

新聞タブロイド誌に記事掲載

長野の地元新聞「信濃毎日新聞」に、毎月第3木曜日発行の「Do!sul(どぅする?)」というタブロイド紙がるのですが、先日の木曜日・・ちょうど動物愛護週間が始まるタイミングでしたので、“見つめ直す、人と動物の絆”“大切なペットのために、できること。”という見出しのコーナーが企画されました。

ペットは大切な家族の一員。そのかけがえのない命と健やかな毎日を守るのは、他でもない買主の役割です・・まさにその通りですね。

そんな内容の記事が載っている中に、「愛犬家住宅のすすめ」というコーナーを企画していただき、弊社の記事も載りました!(^o^)

タイトルは“家族も愛犬も、みんなが笑顔で暮らす家”・・「愛犬家住宅」のこと、「愛犬家住宅コーディネーター」のこと。そしてワンちゃんや飼い主のストレスを減らし、いつまでも健康で快適に暮らしていただきたい。それがやがては飼育放棄、殺処分の防止につながる・・そんな願いで家づくりをしている。

取材時にお話ししたことが、ちゃんと記事になっていて嬉しいですね。(^_^)

あとは、『愛犬家住宅』のちょっとしたポイントの一例を載せていただき、少しでも読者の皆様に伝われば幸いです。(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

内覧会ご来場御礼!

ニシザワホーム・本サイトのスタッフコラムコーナーでも触れましたが、週末開催の住宅完成内覧会へのご来場、誠にありがとうございました!m(_ _)m

普段の内覧会開催ですと、あまりこちらのコーナーには出てこないのですが、今回は『愛犬家住宅』の要素もあったもので・・・

ワンちゃんの位置付けが分かりやすい様に、いつものマネキンワンコ出動!

・・なので、会社のショールームはリードを残して不在中・・写真撮影もあるので今週いっぱいはお留守です。(^_^;)

でも『愛犬家住宅』のことをご存じない方、そこを興味の対象に考えてらっしゃらない方にも良い機会として、またマネキンワンコを置くことでイメージを分かりやすくお伝えできたかなと思っています。

また施工事例などとして皆さんに改めてご紹介できればと考えております。m(_ _)m

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

完成内覧会開催です!

ここのところバタバタしており、更新が滞ってしまいました。(^_^;)

こちらのサイトのブログコーナーでは突然の話になってしまいますが・・

「もしかしたらいつの日か、ワンちゃん飼うかも・・」プランニング中にそんな言葉を頂戴していたお客様のお住まい工事中・・と、7月の終わりにその話題に触れましたが、いよいよ完成し、今週末に内覧会を開催いたします。

今既に飼われている、また直ぐ飼う予定である、というわけではなく、将来飼うかも知れないという本当にざっくりとしたイメージの中でのご提案。

『愛犬家住宅』仕様が盛り沢山!というわけではございませんが、ライトな感じで、でもポイントは押さえた『愛犬家住宅』・・でもそれ以外にも見どころは盛り沢山ですよ!ご覧になってみませんか?(^_^)

会場の都合上、事前予約制となっておりますが、お気軽にお申し込みください!

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

もしかしたらいつの日か・・

「もしかしたらいつの日か、ワンちゃん飼うかも・・」プランニング中にそんな言葉を頂戴していたお客様邸の新築工事。

現在内装工事がだいぶ終わってきまして、お盆過ぎには完成、完成見学会・・そし来月末にはお引き渡しという運びで進んでいます。

そう・・『愛犬家住宅』予備軍とでも申しましょうか・・

基本的に自然素材で構成されたナチュラル系欧風住宅なのですが、内装仕上げ材は北海道産ゼオライトを採用し、調湿効果やニオイの吸着効果が高く、暮らすご家族だけでなくワンちゃんを飼われても最適な仕上げ。

ただ、ワンちゃんを飼うかどうか・・いずれ飼いたい気もするし、でも犬種も決まっていない・・柴犬がイイかなぁ・・

そんなアバウトな考えの様ですが、子供さんがまだ小さく、「今まで生き物を飼ったことがないのでちゃんと育ててお世話できるかどうかがまだ見極められない、まずはハムスターから始めてみようか。」と、逆にしっかりとしたお考えをお持ちのお客様でした。

ただ可愛いからとか、誰々も飼っているからなどと安易に飼って、結局飼育放棄なんて話も見聞きする昨今、そこまでお考えのお話しに感銘いたしました。(^_^)

そんなことから、ワンちゃんスペースの確保が定まらない中、弊社のご提案は、邪魔にならず後でムダにならない場所とサイズ!

・・ということでTVボードを造り付けてその下の空間をドッグスペースにご提案いたしました!とりあえずはハムスターの飼育スペースにも使えます。

TVスペースの隣には薪ストーブを置きますので、耐熱床としてタイルを貼るため、そのままタイル仕上げをドッグスペースまで延長・・床のキズ汚れ対策OK!(^_^)v

内装仕上げは既にニオイ対策OKですが、さらにパナソニックのナノイー脱臭機:エアイーは設置させてもらいました。・・当然ハムスターのニオイ対策にもOK!(^_^)v

スペース内部は、キズ汚れに強いパネル材を貼り、現在格子の建具も作製中です。
また完成したらアップいたしますね。

住宅を新築したらワンちゃんを飼いたい、飼うかも知れない、犬種も決まっていない・・お任せください!色々な角度から検討し、最適をご提案いたします。『愛犬家住宅コーディネーター』にお気軽にご相談ください。m(_ _)m

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

事例に見るリフォームポイント vol.2

先日お送りいたしました『事例に見るリフォームポイント』

今回も『Aikenka Jutaku Navigation(愛犬家住宅ナビ)』という、愛犬家住宅・住まいづくり倶楽部の会報の中から、実際のお宅の『愛犬家住宅リフォーム』の事例をご紹介したいと思います。

愛犬のための環境をしっかり整えてあげたい!・・そんな思いから二世帯住宅を、大型犬と一緒に安心して暮らせるためのリフォームを行った事例。

こちらのお宅では、エリア分けをして大型犬と室内で一緒に暮らすことを考えてのリフォーム・・もともと屋外で飼うことも選択肢として考えていたオーナー様ですが、愛犬とのコミュニケーション不足などを心配され、庭に面したリビングの一角を愛犬のためのスペースにしました。

愛犬は、ゴールデンレトリーバー。お散歩から帰ったら、庭から直接専用扉を通って土間に入り、設置した足洗い場水栓で足を洗い、ウッドデッキに上がって足を拭き、部屋には入れる動線としています。

( ↓ 計画段階でのプランパース)

雨の日でも濡れずに落ち着いて作業できる空間となっており、ウッドフェンスは、幼年期の歯のかゆみから来る噛み癖を防止できるよう、鼻先が入りにくい間隔に設定。

室内の窓もお留守番中に落ち着いて過ごせるよう、高窓に設定しています。

居場所をしっかりつくってあげたい!・・これはしつけのポイントにもなります。家中を自由に歩き回れるようにしてしまうと、空間全てを自分のテリトリーとしてしまうため、最初の段階からしっかり居場所を与えることが大切。

こちらのお宅は、ウッドデッキからつながるリビングの一角を愛犬スペースにリフォーム。上部はオープンなのでお互いの気配は感じられるようになっています。

また、この間仕切った壁の裏側は、愛犬のお散歩グッズからお手入れグッズなどをスッキリ収納でき、将来の愛犬の成長などに合わせて壁ごと移動が可能になっているそうです。

愛犬との暮らしを考え、今のお住まいを活かした中でリフォームを選択。私たち『愛犬家住宅コーディネーター』というプロのアドバイスをもとに、その犬種や年齢、オーナー様のライフスタイルとの関わり方を考えた『愛犬家住宅リフォーム』の事例でした。

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

事例に見るリフォームポイント vol.1

ここ最近・・と申しますか数年の傾向ですが、住宅業界は建て替えではなく『リフォーム・リノベーション』をしたいという方が大変増えており、弊社でも圧倒的にリフォームの方が増えている状況です。

そんな中で、今回から少しずつ、『愛犬家住宅リフォーム』の事例をご紹介していきたいと思います。(^_^)

今回の事例は、『Aikenka Jutaku Navigation(愛犬家住宅ナビ)』という、愛犬家住宅・住まいづくり倶楽部の会報の中から、実際のお宅の事例をご紹介。

築30年の住まいを今のライフスタイルに合わせ、人も愛犬も暮らしやすく!をテーマに行われた事例。

そもそも愛犬と室内で一緒に暮らす場合、「人と愛犬のエリアを分ける方法」「空間を分けずにいつでも一緒に暮らす方法」に分けられます。今回の事例は、愛犬がいつでも自由に家の中を移動できる、「一緒に過ごす」スタイルのプランです。

“大きく変えるポイント”“ちょっとした工夫で出来ること”を素材選びや造作で、より暮らしやすい空間の演出につながっています。

タタミの和室は、フローリングの洋室に変えたり、当然に滑りにくい素材、傷つきにくい素材、シミになりにくい素材などを採用し、お互いが快適に暮らすための素材選びをする・・そんな細かい部分への心配りがポイントとなってるお住まい。

私たち『愛犬家住宅コーディネーター』というプロのアドバイスをもとに考えた『愛犬家住宅リフォーム』の事例でした。(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

週末イベントにて

先日の土日は、地元長野市内にあるエムウェーブ(長野オリンピック記念アリーナ)にて2日間、住まいづくりの情報配信イベント『信州 住まいのわくわくフェア2018』が開催され、私どもも出展参加いたしました。

今年で7回目・・私どもも毎回参加し、今や年中行事の一つのようになってしまいました。

私どもでは、いつも家づくりに対する思いや仕様を展示する中で、ライフスタイル提案のコーナーを設け、ここ最近の傾向で、お気に入りの雑貨がにあうカフェスタイルのかわいいお家“Skogのいえ”と、愛犬と暮らす安心・安全・快適な住まい“愛犬家住宅”を今年も展示PRいたしました。

新築をお考えの方にも、ワンちゃんを飼われる予定があれば・・とお話しさせていただきましたが、やはり実際にワンちゃんを飼われている方が興味を待たれるケースが多く、リフォームのご検討や、お知り合いへご紹介いただいたりと、そんなお願いをPRさせていただきました。

弊社ブースへお立ち寄りいただきましたお客様、この場を借りて厚くお礼申し上げます。m(_ _)m

ありがとうございました!!

当日はバタバタしてしまい、至らぬ点も多々あったかと思います。また都合が付かずお出かけいただけなかった方々も含めまして、『愛犬家住宅』にご興味のおありの方はお気軽にご相談ください!

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員