愛犬家住宅かわら版108~文豪が提唱した愛犬家心得~

前々回の『愛犬家住宅・かわら版』で、読書の秋にちなんだ話題として、文豪「夏目漱石」が可愛がっていた、名前のない猫と英雄の名前をつけた犬にスポットを当てたお話しをいたしました。

その続編というほどのものではありませんが、今回の『愛犬家住宅・かわら版』では、昭和初期にかの文豪が「愛犬家心得」というものを提唱しましたが、今回そこに触れてみたいと思います。(^_^)

日本初のノーベル文学賞作家、そして「伊豆の踊り子」「雪国」などの作品で知られるといえば・・そう、川端康成氏ですね。

その川端康成氏は、無類の犬好きだったそうです。ワイヤー・フォックス・テリア、コリー、グレイハウンドなど飼っていて、とうとう昭和8年(1933年)には「愛犬家心得」というエッセイまでも発表していました。

川端康成氏の提唱した「愛犬家心得」とは一体どんなものだったのでしょう・・・

  • 一つ、血統書ばかりではなく、親犬の習性を良く調べた上で、子犬を買う。
  • 一つ、放し飼いをしない。
  • 一つ、犬を訓練所に入学させ、また犬猫病院へ入院させるにも、預け先の犬の扱いをよく知っておく。
  • 一つ、一時のきまぐれやたわむれ心から、犬を買ったり、もらったりしない。
  • 一つ、数を少なく、質をよく、そして一人一犬を原則とする。
  • 一つ、犬も家族の一員のつもりで、犬の心の微妙な鋭敏さに親しむ。
  • 一つ、犬に人間の模型を強いて求めず、大自然の命の現れとして愛する。
  • 一つ、純血種を飼う。
    一つ、病気の治療法を学ぶよりも、犬の病気を予知することを覚える。
  • 一つ、先ず、牝犬を飼って、その子どもを育ててみる。
  • 一つ、犬を飼うというよりも、犬を育てるという心持をどこまでも失わない。

・・・いかがでしょうか?(^_^)

現在の状況には即さない部分も若干ありますが、今でも通用して、私たちがしっかり考えなければならないことは共通する部分も十分あると思います。

何より、放し飼いが当たり前で、今とは犬に対する考え方が全く違う時代に、とても先駆的な考え方をしていたようですね。

川端康成「愛犬家心得」は、『犬クラフト・エヴィング商會』(中公文庫)で読むことができます。

秋の夜長にこんなエッセイも面白いのではないでしょうか。(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

お出かけシーズン「軽井沢編」

大型台風が幾度となく日本にダメージをもたらしておりますが、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。m(_ _)m

本来の「秋」は、やはり「秋晴れ」・・天高く馬肥ゆる秋を想像し、行楽シーズンともいえますね。(^_^)

ここ信州でワンちゃん連れに人気のお出かけスポットと言えば、「軽井沢」が挙げられます。県外からも多くの観光客が訪れ、ワンちゃん連れの方も多く見かけます。私もよくわが家のワンコを連れていくのですが、ワンちゃんOKで入店や食事できるお店が多いのがありがたいところ。

そこで・・軽井沢観光協会がホームページ上で「ドッグツーリズム」というコーナーがあるのをご存じでしょうか?

犬を飼っている人、いない人、犬が好きな人、苦手な人・・・軽井沢に集う全ての人がお互いを理解し合える風土を作っていきたいと考える「人と犬が健康で楽しく幸せに暮らせる町・軽井沢」を目指した、軽井沢ドッグツーリズム推進プロジェクトという活動があります。

そこでは、デザインを共有して分かりやすくした、ワンちゃん連れの方のためのピクトグラムや、マナーとルールなどがまとめられています。

また、ワンちゃん連れOKの施設やお店をまつめ、ダウンロードできるマップにして載せているんですよ。中軽井沢から旧軽井沢、星野エリアや南軽井沢エリアなど、分かりやすい地図にまとめられていて、これオススメですよ!(^_^)

この秋、ワンちゃん連れで軽井沢へドライブ!とお考えに方は、こらのホームページやマップなどを一度ご覧いただいてはいかがでしょうか?

軽井沢内の動物病院名簿や、万一迷子になったら・・というときの連絡先など、情報満載ですよ!

軽井沢観光協会・ドッグツーリズムページはこちら →
https://karuizawa-kankokyokai.jp/knowledge/22196/

軽井沢ドッグツーリズム推進プロジェクトのKARUIZAWA WITH DOGのページはこちら →
https://www.karuizawa-withdog.com/

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

この季節、彼岸花にご注意!

先日のこと、弊社建設事業部の仕事で、新しく住宅新築工事が始まるお客様邸の地鎮祭が行われました。

秋の長雨が続き、台風も近づいている中で天候が心配されましたが、その日は見事な秋晴れ!(^o^)

暑いくらいの陽気の中で無事に終わり、ふと下に目をやると・・停めた車の向こう側に真っ赤な「彼岸花」が・・・旧家屋を解体し、敷地全体を整地していたはずですが、均した土の中から数本元気に顔を出して咲いていました。(^_^)

何とも独特な容姿で、鮮やかな花を咲かせるこの彼岸花は、お彼岸の頃に咲くことから彼岸花なんですが、曼珠沙華とも言われ仏教的な意味合いもあります。

意外と道沿いの草むらなどでも見かけ、どこにでもある彼岸花は、知る人ぞ知るアルカロイドを含む有毒種です。

昔は虫除けや田畑を荒らす動物避けに植えたとされるこの花は、人間にとっても吐き気や下痢、ひどい場合は中枢神経麻痺で死んでしまうことも・・・(-_-;)

昔から、死人花・地獄花などという異名があるくらいです。薬にも使われるらしいですが、私たちは手を出さない方が良いですね。

私は、曼珠沙華と聞くと、世代的に山口百恵さんの歌をつい思い出してしまいますが・・(^_^;)

何にせよ、お散歩中のワンちゃんが誤って口にしない様、十分気を付けなくてはいけませんね。呑み込まないまでもかじってしまうだけでも危ない植物です。

キレイだからといって飼い主さんが近づくと、ワンちゃんも一緒に行ってしまうので、近づかない方が良いですよ。彼岸花にご注意!

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

愛犬家住宅かわら版107~私たちができること~

ペットを飼う人たち、ペットにまつわる人たちにとって、ペットのためにできることを今一度考えるきっかけともなる「動物愛護週間」です。

今回の『愛犬家住宅・かわら版』は、愛犬のために今~私たちができること~といたしまして、ワクチンにスポットを当ててお届けしたいと思います。(^_^)

<ワクチンの知識>

犬のワクチン注射とは、微量の病原体を体内に送り込むためにします。その病原体と戦うために体の中で抗体が出来上がり、次に万が一同じ病原体が体の中に入って来たとしても、その抗体がそれをやっつけてくれる・・・という、人間のワクチンと同じ仕組みになっています。

でも・・微量とはいえ、体の中に病原体を入れるわけですから、注意しなければならないこともいくつかあります。

まず、体調が悪い時には接種しないこと。体調が悪く、体力が低下している時には、普通なら感染せずに済む微量な病原体に感染してしまったり、感染はしないまでも、吐き気や下痢などの激しい副作用が起きる可能性があります。

発情中やその前後のメス犬、妊娠中、授乳中の場合も避けた方が良いですね。旅行や引っ越しなどの環境が変わる前後の接種も、ワンちゃんの精神的ストレスがある時期ですので、やはり控えた方が無難です。

ワクチン接種は体調が万全の時に受けましょう。シニア犬の場合や、現在治療中の疾患がある場合は、よく獣医さんと相談してくださいね。

また、人間同様に抗体は接種後すぐに作られるわけではなく、約2~3週間かかります。その間も、激しい運動で体に負担をかけるのは禁物!運動や散歩はいつもよりも控えめにしてみましょう。

もちろんシャンプーもワクチン接種予定日の2~3日前には済ませ、接種後しばらく控えてあげましょうね。

常に愛犬の様子に気を配り、健康でいつまでも元気な愛犬でありたいですね。そのためにも私たち飼い主が今できることをしっかりと考えていきましょう!(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

愛犬家住宅かわら版106~文豪の名前のない猫VS英雄の名前をつけた犬~

ここ数日で急に涼しくなり秋らしくなって参りました。

秋と言えばスポーツの秋、食欲の秋、読書の秋・・いろいろありますが、今回の『愛犬家住宅・かわら版』は、読書の秋から文豪「夏目漱石」にスポットを当てたお話しです。

夏目漱石といえばその代表作から猫を連想しがちですが、実は犬も飼っていたということはご存じない方もいらっしゃるかも知れません。

夏目家の猫は、『吾輩は猫である』の主人公と同じように、代々、名前はないまま。それに対し、犬(雑種)には「ヘクトー」という立派な名前をつけ、たいそう可愛がっていたそうです。

ヘクトーとは、ホメロス作といわれるギリシアの叙事詩『イリアス』の英雄「Hector」からつけられたそうですよ。

そのヘクトーが病気にかかり、入院していたことがあります。その病気というのがジステンパーだとか。

ジステンパーは、致死率が高い病気で、後遺症が残ることも多い怖い病気ですが、現在はワクチンの普及によって感染する犬は昔に比べて激減しています。

ヘクトーのジステンパーは、幸いにも回復しました。しかし、ヘクトーは3・4歳の若さで亡くなってしまいました。

その数ヶ月後に書かれた『硝子戸の中』で、漱石はヘクトーについて愛情に満ちた話を残しています。

また、漱石は庭の一角にヘクトーのお墓もつくっています。『吾輩は猫である』のモデルになった猫のお墓の近く、書斎からよく見える場所につくりました。

名前のない猫と、英雄の名前をつけた犬・・・その違いまでは良く分かりませんが、夏目漱石は大の愛犬家だった!ということでしょうか!?(^_^)

9月20日から26日までは、動物を飼われている皆さんはご存じの『動物愛護週間』です。愛護週間にあわせ、「動物を飼う=命を預かる」「ともに暮らし始めたペットの生命が終わるまで飼い続ける=終生飼養」ということについて、もう一度じっくり考えるよい機会だと思います。(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

夏休みのお出かけでは・・

もうすぐお盆になり、お盆をきっかけにお休みとなる企業も多いのでは?

11日土曜日からそのまま一週間19日の日曜日までお休み、と言う企業も多いと聞きました。皆さまのところはどんなお休み形態でしょうか?(^_^)

弊社では、11日より16日までをお休みさせていただく計画です・・ただ、地域にもよりますがお盆自体が7月であり、8月は通常営業だとか、お店などでは逆にかき入れ時で休めないなんて所もあるかと思います。

そんな中お休みの方は、旅行に出掛けたり、帰省したり・・車でワンちゃんと一緒にドライブする愛犬家も多いかと思いますが・・

そこでご注意!!

今年は特に異常気象で、猛暑・酷暑で気温40℃前後などという状況、車内のワンちゃんにも十分気を付けてくださいね。

こまめに休憩したり、お水を与えたりの熱中症対策していても、車内の環境や場所によっては、気付かない内に移動中の車内で熱中症なんて事例も多いらしいですよ。

万一の事故防止や車酔い防止などで、キャリーやケージなどに入れて移動する、または大型犬などでラゲッジルームに置いて移動する場合、エアコンの風が届かなかったり、人に居る座席と温度が違う場合が多いそうです。(^_^;)

また夜になっても気温が下がらない日も多い近頃、油断は禁物!

目的地に着いて気が付いたらワンちゃんがグッタリ・・なんてことにならない様にケージ内やラゲッジルーム内の温度管理にも気を配りましょう!(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

愛犬家住宅かわら版104~季節の健康管理・愛犬の健康診断~

やっと過ごしやすい春が来たかと思えば、突然の夏日になったりで、暑さに弱いワンちゃんにとっては、快適に過ごせる期間はわずかになってしまってますね。(^_^;)

これからどんどん暑い日や、ジメジメした日が増えてくる中、家族の大切な一員・愛犬の健康を考えてみましょう。そんな今回の『愛犬家住宅・かわら版』は、季節の健康管理シリーズ続編~愛犬の健康診断~をお届けいたします。

◆健康診断を兼ねて1年に1回の血液検査を!

春は「フィラリア予防」を開始する季節。フィラリア予防を始める前に血液検査をして、感染していないことを確認する獣医さんが多いと思います。

「昨年もしっかり予防したし、わざわざ血液検査なんかしなくてもいいのに・・」と思う飼い主さんも多いと思いますが・・ちょっと待った!!

犬を人の成長に当てはめると、最初の一年間で大型犬なら12歳になり、小・中型犬は17歳になってしまいます。

2年後にはそれぞれ19歳と24歳になり、その後も毎年大型犬が7歳ずつ、小・中型犬は4歳ずつ年齢を重ね、あっと言う間に人を追い越して行ってしまいます。

私達の大事な家族の一員である愛犬は、人より早く老いていくのです。・・そこでちょっと考えてみて下さい。

人はある程度年齢を重ねると、最低でも一年に一回は健康診断をして、自分達の健康管理をしています。子供の頃だって、学校で集団検診があったりします。そこでの検査結果が、病気の早期発見に役立ったり、お医者様と相談し、生活改善を行って病気を未然に防ぐことが出来たりしますよね。

さて、あなたの愛犬に対してはどうでしょうか?

健康だとついつい獣医さんから足は遠のき、ましてや予防や健康診断なんて、普段中々考えなかったりしますよね。でも、犬だって私達と変わりません。

そこで春先のフィラリア予防について来る「血液検査」はまたとないチャンスなんです!(^_^)

この際、一年に一回ぐらいは、愛犬の健康診断を兼ねて、フィラリア検査以外の項目もプラスして検査してもらいましょう。

般的な検査はもちろん、腎臓や肝機能の検査など、血液検査は様々なことの判断材料になりますよ!

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

愛犬家住宅かわら版103~愛犬と旅行へ行こう!~

いよいよ週末から始まるGW(ゴールデンウイーク)、愛犬家の皆さんはどんな計画を立てていらっしゃいますか?

前半・後半に分かれる方、ずっと通しの大型の方、国内で過ごす方、海外へ出る方、はたまたずっと仕事だという方・・皆さんご予定はいろいろかと思います。

今回の『愛犬家住宅・かわら版』は、連休中にワンちゃんと旅行をしよう!という方への準備のポイントをお伝えいたします!(^_^)

この手のことはよく「かわら版」でも話題にしておりますが、やはり普段の生活から旅行に備え、怠りなく準備するというのがポイントとなりますね。

<クレートやキャリーバッグ>

クレートやキャリーバッグが大好きで、その中にいると安心して落ち着いていられるように練習しておきましょう。

<洋服>

場所によっては抜け毛に対する細心のマナーが必要な場合も。洋服を着せてあげるとかなり違いますので、着ていても気にならないよう、やはり日頃から練習しておくと安心ですね。

<トイレ>

トイレはトラブルのもとです。トイレシーツで出来るトレーニングや、声掛けで飼い主さんの指示した場所で出来るように教えておきましょう。

それでも、環境が変わるとトイレの回数は増えてしまいます。不安な場合はマナーベルトの着用などを。もちろん万が一の粗相に備えて、消臭剤やお水で流せるような準備は怠りなく。

<宿泊施設のマナー>

ホテルやペンションなどは、それぞれの場所によって様々なルールがあります。ベッドにあげてはいけない場合、一人で寝られなければいけませんし、食事場所に一緒に行けない場合、お部屋でお留守番が出来なければなりません。

吠えたり、他のわんちゃんとの接触などのトラブルを未然に防ぐ注意も必要です。事前に必ず宿泊施設のマナーについては確認をし、自分の愛犬が無理なく過ごせ、他人に迷惑をかけない場所をチョイスしましょう。

<迷子札や鑑札>

万が一に備えて、迷子札や鑑札の装着をすることをオススメします。

さあ、万全の準備で、愛犬とのステキな思いでづくりにLet’s Go!!(^o^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

愛犬家住宅かわら版102~季節の健康管理・春の準備~

今年の春は、桜の開花も早く、何だか気が付いたらアッという間に咲いて、気が付いたら散ってしまったという印象ですが、中には予定していた段取りで花見が間に合わなかったなんて方もいらっしゃるのでは・・私はほとんど葉だけの木の下でシートを拡げて宴会しているグループをいくつか見ました。(^_^;)

さて、前回の『愛犬家住宅・かわら版』では、春の訪れに向けてノミ・ダニに気を付けましょうというお話しに触れましたが、今回はもう少しノミ・ダニのことを中心にスポットを当ててみました。

 

<暖かくなるとノミの季節の到来です>

やっと暖かくなってくるこの時期、「待ってました!」とばかりに活動を開始するやっかいな寄生虫・・ノミ。気温13℃もあれば活発に動き始めます。

家の中でも外でもどこにでも生息していて、動物の体に寄生し、血を吸って成長。卵を大量に産み付け増殖していきます。

ノミ一匹が吸う血の量はたいしたことはないですが、大量に寄生されると、子犬などは貧血を起こしたりすることも。

また、激しい痒みを伴い精神的なストレスも受けますし、引っかき傷が化膿して悪化することもあります。

吸血を繰り返されることにより、犬がアレルギー反応を起こし、深刻な皮膚炎になってしまったり、もともとあったアレルギーが悪化したり・・・と悪いことだらけなんです。(-_-;)

そしてもちろん、ノミの寄生は愛犬だけでは済まされず、人間にも被害が及ぶことは皆さんもよくご存知の通り!

 

<ダニは病気を媒介するやっかいもの>

あらゆる環境に生息し、世界中で2万種はいる寄生虫・・ダニ

野原や山、家の庭や公園・道路脇など、草木の茂るところならどんなところにもいるのがマダニ。このマダニだけでも800種以上になるのです。

マダニ自体は、数々の細菌・ウイルス・原虫などの病原体を媒介します。ギザギザの鋸のような器官を持つ口で犬の体にしっかり取り付いて吸血します。

ノミと同じような痒みやアレルギーの被害はもちろん、もっと怖い病気の原因にもなります。
なかでも恐ろしい病気は「犬バベシア症」。急性の場合は命に関わることも。人間にも「ライム病」などの伝染病を運んできます。(-_-;)

 

さあ、暖かくなり、愛犬と一緒にどこかに出掛けるにはとっても良い季節となりました!

怖いノミ・ダニに愛犬が被害に遭わないよう、お出かけの前には必ず獣医さんに行って、今年のノミ・ダニ予防を始めましょう! (^o^)!

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

愛犬と旅する小冊子

先日のこと、軽井沢を訪れた時にとある小冊子を目にしました。

オシャレな建物に真っ赤なベンツ・・笑顔の男女の脇でおりこうにお座りするワンちゃん・・おっ!と思わず手に取ってしまいましたが、「Travel With Dog」という冊子で、その春号のタイトルは「愛犬と春を探す旅へ」。(^_^)

昨年秋にオープンした、ワンちゃんと一緒に泊まれるオシャレなリゾートホテル“レジーナリゾート旧軽井沢”が特集されていたので、その辺のこともあって軽井沢でも配布されていたのか、私は始めて見た冊子でした。

この冊子は販売ではなく無料配布用のもので、広告企業はメルセデスのみ。レジーナリゾート旧軽井沢や星野リゾート・トマムなど、愛犬と一緒に泊まれるオシャレな宿がいくつか特集されているもの。

こんなところで愛犬と一緒にゆっくり出来たらイイだろうなぁ・・なんて眺めながら妄想するだけの私でした。(^_^;)

ちなみに、発行元は株式会社トラベル・ウィズ・ドッグさんで、ペットコンサルティングやイベント企画などをされている会社さんのようです。

タイトル通りの愛犬と旅する宿情報(豪華系?!)など色々な情報が載った専用のホームページもありました。ご興味とお時間のある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか?(^_^)

「Travel With Dog」ホームページはこちら → https://www.travelwithdog.com/

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員