愛犬家住宅かわら版115~住まいの熱環境を上手にコントロール~

梅雨明けも近い今日この頃・・今年の梅雨は、日照不足の報告が各地で聞かれ、農作物への影響が懸念されていますね。ただ、梅雨が明けるといつものジリジリする暑さが戻ってくるかと思うと、ちょっとそれはそれで熱中症が心配されたりします。

ワンちゃんは、人よりも暑さに弱い傾向があります。なので夏はワンちゃんにとって気を付けなくてはいけない季節・・住環境の中でも出来ることを考えましょう!

そんな今回の『愛犬家住宅・かわら版』は、「住まいの熱環境を上手にコントロール」をお届けいたします。

室内環境の快適さを左右するものの一つが『熱環境』これからの季節、ワンちゃんと一緒に暮らす住まいでは、特に「熱環境」に注意するようにしましょう!(^_^)

<人と犬の体感温度の違い>

人と犬とでは体温の調整方法が違い、犬は人のように全身で汗をかいて体温を下げるということができません。体温を下げる能力は、人に比べ犬の方がはるかに劣ります。

そのため、暑さ、寒さの感じ方も違います。一般的に、犬は人より寒さに強く、暑さに弱い傾向があります。これからの夏場の熱環境には得に注意が必要です。

<熱環境をコントロールする工夫>

窓から直接差し込む日差しを遮ることは、涼しく暮らすためにも、冷房効率を上げるためにも重要なポイントになります。

日差しを効果的に遮る方法は、南面の窓は、太陽光が真上から当たるので、軒を深くするのが効果的。窓の上に庇(ひさし)やルーバーなどを設けるのも効果的!

東西の面の窓は、太陽光が斜めに当たり、強い日差しが部屋の奥まで入り込むので、すだれやカーテン、ブラインドなどを設置するのがオススメです!(^_^)

<グリーンカーテンのススメ>

遮光と涼風の効果がある緑のカーテン:グリーンカーテンとは、つる性の植物を窓の外に這わせて遮光効果を高めるものです。

遮光効果はもちろん、植物の葉が蒸散することでそのまわりの気温が下がり、涼風効果もあります。

また、ニガウリ、ヘチマ、きゅうりなど、実のなる植物を植えれば収穫の楽しみもあるのでオススメですよ!

ただし、つる性植物の代表でもあるアサガオは、種子の部分にワンちゃんが中毒を起こす危険性(幻覚作用や下痢など)もあります。注意してくださいね!(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

飼い主のストレスが愛犬に感染!?

先日、そんなニュースが目に飛び込んできました。

飼い主がためているストレスは、飼い犬に「感染」するという研究結果をスウェーデンの研究者が発表したそうで、人と犬のような異種間で分かった例は初めてだそうです。

スウェーデン・リンショーピング大学の研究員たちが、室内飼いのボーダーコリー25匹、シェルティー33匹、そしてそれぞれの飼い主の計58組について、ストレスの変化を1年に渡って調べたそうです。

ストレスを感じると分泌されるホルモン「コルチゾール」が、季節や運動量にかかわらず、飼い主のコルチゾールが多いと、犬も同様に多かったとのことでした。

飼い主のストレスが愛犬に伝染するなんて・・ワンちゃんはいつも飼い主のことを見ていますから、そんな結果もうなずける気がします。

やはりワンちゃんが、穏やかで幸せに暮らせるためには、私たち飼い主がまずストレスをため込まないように日頃から気を付けなくてはいけませんね。(^_^)

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

マイクロチップ義務化

先日のニュースでは、いよいよ販売用の犬や猫への「マイクロチップ」義務化されるなどの改正動物愛護法が、参議院本会議で全会一致で可決され、成立したそうですね。

「マイクロチップ」は獣医が注入器を使って、首の後ろなどの皮下に埋め込みます。マイクロチップを専用リーダーで読み取ると、マイクロチップ番号・飼い主の名前・住所・連絡先などがデータベースと照会できるというもの。

飼い主を明示することで、遺棄や虐待を防いだり、災害時の迷子などに飼い主を特定しやすいといった効果があるんです。

チップは飼い主に販売するまでの間に埋め込むことが義務づけられ、環境相への登録も義務化されるそうです。

また、販売を始められる時期も現状の生後49日(7週)超から、同56日(8週)超に改正されました。(特定の条件で繁殖か販売される「天然記念物として指定された日本犬」は例外)

今回の改正では、ペットの虐待などへの厳罰化も盛り込まれ、殺傷に対する罰則を5年以下の懲役または500万円以下の罰金に強化、虐待や遺棄の罰則に1年以下の懲役、などが加えられています。

ようやく改正された「動物愛護法」・・もっと早く改正されてしかりと思っていましたが、それでも動物虐待、殺処分などの抑制につながる動きが進んでいくことは嬉しいことですね。

少しでも多くのペットたちが幸せでいられることを望みます。

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

愛犬家住宅かわら版114~人にも犬にも大切な「酵素」のお話~

いよいよ、夏本番に向けて梅雨真っ只中となりましたが、今のところ暑くなったり涼しくなったりで、体調もついつい崩しがち。

そんな時は、人にとってもワンちゃんにとっても、免疫力・抵抗力が大切になってきますよね。今回の『愛犬家住宅・かわら版』は、人にも犬にも大切な「酵素」のお話をお届けしたいと思います。

そもそもワンちゃんにとって、栄養的には万全なドッグフード。でも、ドッグフードだけではどうしても摂取できないものがあります・・それが「酵素」

今回は、動物が生命活動を維持していくうえで重要な「酵素」についてのお話なんです。(^_^)

「酵素」って一体何者なの?「酵素」がないとどうなるの?

まず「酵素」と聞くと1番初めに思い浮かべるのは「消化酵素」でしょうか?!

「酵素」には「潜在酵素」「外部酵素」があります。この潜在酵素とは、個々の個体が生まれながらにして体内に存在しているもので、「消化酵素」はこの中に入ります。消化酵素は言うまでもなく、食べ物を消化吸収しやすくするためのもの。

また潜在酵素の中には「代謝酵素」というものがあります。これは、摂取した栄養をエネルギーに変えるためのものです。

そして「酵素」にはもう1つ「外部酵素」というものがあり、それは「食物酵素」といいまして、潜在酵素がなくならないよう、外部から取り入れて潜在酵素を補うものです。

このように、6大栄養素(たんぱく質・脂肪・炭水化物・ビタミン・ミネラル・食物繊維)をいくら摂取しても「酵素」の働きがないと動物は生命活動を維持していけないというわけです。

「酵素」は3000種頬もあるそうで、その1つ1つの働きが異なります。またそれらは熱に弱く、70度以上の温度に熱せられるとその働きができなくなってしまいます。

・・ということで「酵素」は、新鮮な生の食べ物に豊富に含まれているのです。そこでワンちゃんたちの食事を考えてみたいのですが、いろいろなドッグフードがありますね。栄養的には万全でしょう。ところが全て熱が加えられています。

・・ということは酵素はほとんど摂り入れることができないのです。

飼い主さんが手間をかけずに酵素を愛犬に与えられる方法として、ニンジンや大根・キュウリなどをすりおろしたり、りんごやバナナなど果物をフードと一緒にあげたり、カッテージチーズ・ヨーグルト(無糖プレーン)などは、ごく簡単にそのままで与えられる酵素です。

酵素を作り出すのが微生物。カビや酵母やバクテリア(細菌)などは発酵にかかわる微生物です。野生の動物たちは狩りをした動物を食べることで、バクテリアやその動物の胃の中の発酵状態にある草などから微生物を体内に取り込んでいるのです。

「酵素」の働きは・・

1.食べ物の消化、吸収を助け、栄養を体のあらゆる場所に運ぶ。

2.有害な物質やガンなどの原因にもなる活性酸素を取り除く。

3.免疫力や体が持つ本来の治癒能力を高める。

・・いかがでしょうか?!「酵素」が私たち人にもワンちゃんにも、とても重要であることがご理解いただけたでしょう!

さあ、健康な体づくりのため、今日から愛犬と一緒に「酵素」を取り入れた食事を工夫してみませんか!(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

車内の置き去り検知

5月だというのに、日本各地でいきなり30度超えの真夏日を記録し、日によっては猛暑日にも達してしまう今日この頃。(^_^;)

これからの真夏、赤ちゃんやワンちゃんの車内置き去りによる熱中症死亡事故などは、毎年のようにニュースなどで耳にします。なぜこれだけ騒がれても後を絶たないのだろう・・と、とても残念な気持ちになっていました。

そんな中、開発されてきているらしいのが「置き去り検知システム」。フランスの自動車部品メーカーで、世界の自動車メーカーにシステム提供している「ヴァレオ」社が開発を進めていて、このほど「人とくるまのテクノロジー展2019」でお目見えしたそうです。

この「置き去り検知システム」は、幼児の置き去りに向けたものらしく、レーダーセンサーを用いて、座席にいる乗員を検知するシステム。温度や動きを測定することで、車内の子供の位置や状態を把握する仕組みらしいのですが、もちろんワンちゃんにもOK!(^_^)

ワンちゃんをテストしてもしっかり検知し、ケージに入れた状態でも問題なく検知したそうですよ。(^_^)v

私もプロモーション動画を見ましたが、お母さんが子供を残して車を離れてすぐ、お母さんのスマホに警告が届いて、慌てて戻る・・という場面。

放置された幼児やペットが車内で熱中症になる事故を防ぐため、2022年頃の量産開始を目指しているそうです。

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

GWの信州

平成から「令和」へ・・改めまして、「令和」でも宜しくお願いいたします!m(_ _)m

皆様はどの様なゴールデンウィークを過ごされましたでしょうか?

私は、特別大きな行事予定もなく、どこへ行っても混んでいるので、近場の地元で温泉に行ったり、ドライブしたりウロウロしておりました。

信州の春は遅く、この連休中にが満開になったところもあり、その一つ大町市にある「中綱湖」へ行ってきました。

こちらは、北アルプスを背景に北から南へ三つの湖が連なる仁科三湖の一つ、中でも一番小さな湖ですが、ちょうどオオヤマザクラが満開を迎えていてキレイでしたよ。(^_^)

そこで、地元の方でしょうか・・ワンちゃんを散歩させている方がいらして、かわいい黒シバワンちゃんと出会いました。

勝手知ったる感じで湖岸にとことこ近づき、湖の水は飲むわ、飼い主さんの制止をよそに浅瀬で寝転んで水浴びするわで、ついにはカメラを構えるカメラマンさんたちの近くで“ブルブル”水しぶき・・やってくれますね(^o^;)

でもその様がかわいくて、周りの皆からは笑い声が。

美しい景色と、黒シバちゃんとの出会いに癒やされた一日でした。(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

犬診断!?

インターネットサイトを色々見ている時、たまに“ベネッセコーポレーション”さんが運営する、いぬのきもち・ねこのきもちwebも見に行きます。

トップページから「いぬのきもち」「ねこのきもち」へとそれぞれにまた飛んで行くのですが、そのトップページに面白いリンクがあるので、ちょっとご紹介。

「犬診断」っていう、4問ほどの簡単な質問にYES・NOで答えると、あなたを犬にたとえると・・が表示されるんです。

ご存じの方も多いかと思いますが、簡単で楽しめたので。

ちなみに私は・・犬にたとえると「ゴールデン・レトリーバー」

「なんでも拾ってしまい、気づけば流木や小石など意味の分からないものが増えてしまう」・・うーん、あながち間違ってはいない気がする・・確かにいらないものが増えてしまう傾向があります。(^_^;)

ベネッセさんの「いぬのきもち・ねこのきもち」トップページはこちら →
https://pet.benesse.ne.jp/

「犬診断」のページはこちら →
https://pet.benesse.ne.jp/dog_sh/index.php

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

ワンコのニュース、京都では。

前回、お手柄ワンコがニュースになり、喜ばしいという話題を取り上げました。

しかし今回は、喜ばしくない方のニュース・・色々なメディアで取り上げられましたので、ご存じの方も多いかと思いますが、京都での野犬のお話し。

京都市内の桂川河川敷に大型の野犬がいると、春先から相次ぐ目撃情報や心配の声が寄せられているとのことでした。(-_-;)

 

桂川といえば、京都市内でも西側を走る大きな河川で、保津川~大堰川~桂川と、場所で名前を変えています。

その桂川といわれるエリアで今回目撃情報のあるのは、観光で賑わう渡月橋や嵐山に近い南側界隈。遭遇した住民や観光客を襲うことも心配されています。

京都動物愛護センターでは、5年以上前から把握していて、どうやら繁殖して増えているらしいとのこと。

捕獲保護も進めているそうですが、今や国内だけでなく世界各国から多数の観光客が訪れていますので、むやみに近寄らない様に注意が必要ですね。

元々は誰かに捨てられたワンコかも知れません。もし人間に危害を加えたなんてことで目の敵にされては可哀相で仕方ありません。(-_-;)

ちなみに京都市では、反対側の東山界隈で野生の猿が現れ、寺院の参拝客に噛みついたなんて情報も寄せられ、寺院でも注意喚起に追われているそうです。

まぁ、野猿の場合は、元々野生なのでちょっと意味合いは違いますがね。(^_^;)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

お手柄ワンコのニュース

先日、毎日新聞のネットニュースを見ていたところ・・「高齢の秋田犬がお手柄」という記事を目にしました。

これは秋田県でのニュースでした「高齢秋田犬がお手柄・散歩中におばあちゃんを助ける」・・早朝に飼い主さんと散歩中の雄の秋田犬が、何かを見つけたように急に走り出し、歩道でパジャマ姿のままうずくまっている高齢の女性に気付き、飼い主さんが助けを呼んで無事保護されたというお話しでした。(^_^)

秋田犬のワンちゃんと飼い主さんに感謝状が贈られるそうですが、ワンちゃんは12才とのこと・・大型の秋田犬ですと、人間でいう90才位になるそうですよ。

賢くて飼い主に忠実で知られる秋田犬ですが、本当にスゴいですね!

放し飼いや逃げ出したワンコが人を噛んだとか、飼い主が虐待したとか、あまり良くないワンコ絡みのニュースが多い中、こういった話題は本当に聞いている方でもつい嬉しくなってしまいますね。

お手柄、あっぱれ!なお話しでした。(^o^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

花粉症といえば・・・

3月の後半に、花粉の季節ですね・・という話題に触れましたが、ちょうど先日のこと、ホンダ(本田技研工業)さんの運営する「Honda Dog」から届いたメルマガに、「もしかして、犬も花粉症になるの?」というタイトルでリンクが貼られていました。

Honda Dogサイト内に、「最近ウチのわんこ、なんだか痒そうにしてるんだけど・・もしかして、犬も花粉症になるの?」という、獣医師監修のしっかりとしたコーナーになっていました。(^_^)

やはり、ここでもワンコは花粉症になると書かれていましたね。(^_^;)

中には、ウエストハイランド・ホワイトテリア、柴犬、シー・ズー、ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、パグ、ゴールデン・レトリーバー、などが比較的犬の花粉症になりやすい犬種とのこと・・不思議ですね~なぜなんでしょう?!

その他色々と詳しく載っていますので、気になる方は一度覗いてみてはいかがでしょうか?(^_^)

「Hodna Dog」のトップページはこちら → https://www.honda.co.jp/dog/

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員