ファーストルックのワンコ

少し前のこと・・出張で横浜市を訪れました。

横浜といえば、2019年住みたい街ランキング、堂々の1位!ですよね。

私自身も好きな街の一つですし、出張などで行けばついウロウロ散歩したくなります。

先日もいつもの様にウロウロ・・山下公園をウロウロ・・

そんな時目に飛び込んできたワンコが ↓ ↓

「グレート・デーン」じゃないですか!!カッコイイ!!初めて実物見ました!!

・・というか、一瞬仔牛を連れて散歩しているのかと錯覚してしまいましたよ!(@_@)

しかし、さすが世界最大犬種だけあって迫力ありますね~!しかも珍しいブチ柄・・思わず飼い主さんに声を掛けて写真を撮らせていただきました。

これでもまだ4歳の男の子だそうですが、とても大人しくて可愛いイイ子でした。でも甘えて飼い主さんの肩に手を掛て立ち上がると、既にもう飼い主さん(成人男性)より大きいし、足先だって人間の拳並み・・ちょっと笑えました。(^o^)

山下公園に限らず、沢山の飼い主さんたちがワンちゃんと散歩していたり、飼い主さん同士が集まって写真撮影していたり・・そんなシーンをよく見かけます。

きっと愛犬家の皆さんたちにとっても暮らしやすい街なのですね。(^_^)

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

愛犬家住宅かわら版119~お出かけ初心者も勇気を出して経験を~

目の前の仕事が忙しく、なかなか更新できないまま気が付けば1月も半ば過ぎ・・
改めまして・・本年も何卒宜しくお願いいたします。m(_ _)m

令和最初の新年を迎え、今年は東京オリンピック開催の年でもありますね。だからというわけではありませんが、今年はなにかと予定がいつもとは違い、忙しくもなりがちな方も多いかも。

そんな時こそ、時間を意識的に作って、愛犬をタップリ可愛がってあげましょう・・そんな今回の『愛犬家住宅・かわら版』では、「お出かけ初心者も勇気を出して経験を」をテーマにお届けいたします。

<愛犬と過ごす時間>

実際に愛犬を可愛がるって、必要以上に撫でたり抱っこすることではないし、ましてや必要以上のご飯やおやつをあげることではありませんよね。愛犬が喜ぶのは、やはり飼い主さんと一緒に過ごす楽しい時間・・愛犬と過ごす時間をいつもより多くとってみてはいかがでしょう?(^_^)

<優等生じゃなくても大丈夫>

春にかけてのこれからの時期は、私たち人間にとっては肌寒い気候でありますが、ワンちゃんにとって涼しく快適で、お出かけするには最適の季節でもあります。
とはいえ、愛犬と一緒にイベントや旅行に行ってみたいけど、「他のワンちゃんが苦手で‥」「子供が苦手で‥」「何にでも吠えちゃって‥」「飼い主と離れられない‥」「マーキングが心配‥」などなど、必ずしも優等生のワンちゃんばかりではありません。

でもそれって当然ですよね?人間だって得意不得意があるし、個性は様々。これはワンちゃんだって同じです。色々なことに興味を持ち、一生懸命に学ぼうとしているワンちゃんたちはいっぱいいます。

お勉強には実践も大切!比較的他のお客様が少ない時期、少ないと予想される平日の午前中などのを狙って、最初は短時間のイベント参加や、カフェデビューをしてみましょう!

よく探してみると、初心者マークのワンちゃんも大丈夫 !と言うドッグカフェもあります。さぁ、勇気を出して、愛犬と一緒にいろんな経験をして楽しい時間を過ごしましょう!(^o^)

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

愛犬家住宅かわら版118~高齢期の犬も快適に過ごせる住まいを~

今月の前半のことですが、北海道のローカルTV・UHBにて「シニア犬特集」が放映されたそうで、地域柄私どもは拝見することができなかったのですが、札幌でご活躍の愛犬家住宅コーディネーター・池田千夏子さんが出演されたそうです。

今現在、国内で飼われている犬の多くが高齢犬と言われ、育て方や暮らし方、住まい方についての関心度は年々高まってきましたね。(^_^)

ワンちゃんの中でも高齢化が進んでいるということでしょうか・・そんな今回の『愛犬家住宅・かわら版』では、高齢期の犬も快適に過ごせる住まいをテーマにお届けいたします。

<犬の高齢化が進んでいます。>

小・中型犬では10歳、大型犬では8歳から高齢犬とみなすのが平均的な考え方です。

最近は、獣医学の発達や飼い主さんの意識の変化、飼育環境の整備などによって犬の寿命も延びてきていて、一般的には、大型犬で10歳前後、小・中型犬で15歳前後といわれています。

<高齢期になると犬はどう変わる?>

では、老化によって犬にはどのような変化が現れるのでしょうか。

一般的には、活動性やトレーニング能力の低下、短期の記憶喪失、性格や行動の変化、睡眠時間の増加など。

また、白髪が増える、皮膚にイボやシミができる、あごや口のラインが下がる、筋肉や関節が弱くなる、内蔵機能の低下などの体の変化もみられます。

他にも段差の上り下りが辛くなる、小さな段差につまずく、段差から落ちる、モノにぶつかる、トイレを失敗するなど、細かく気を配ってあげる必要がでてきます。

私の家では、愛犬が去年虹の橋を渡っていったのですが、顔は白髪で真っ白になりましたし、やはり後ろ足が弱くなって段差の上り下りを辛そうにしていたのを思い出します。

<老犬の健康を保つために>

食事は、塩分が少なく、消化吸収の良い高タンパク質のものを。

散歩に出かけ、できるだけワンちゃんたちの集まるところに行ったり、途中でニオイをたくさん嗅がせたり、適度な刺激を与えてあげることも大切です。

住環境は、段差をできるだけ解消し、フローリングなど滑りやすい床は絨毯などを敷いて足腰にやさしい環境にしてあげると良いでしょう。

大切な家族の一員である愛犬が、高齢期になっても快適に暮らせるように、安心できる居場所の確保、安全で清潔が保ちやすい住まいづくりを心がけ、床や壁などは掃除がしやすくメンテナンスの楽なものを。床は滑りにくく硬くないものを選ぶことがポイントです。

但し、歳をとってから急に住環境を変えるのは、ワンちゃんにとって負担になってしまうので、リフォームや配置替えは早めに考えましょう!(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

台風被害について

この度の台風19号において、被害に遭われた皆様、関係する方々には心よりお見舞い申し上げます。m(_ _)m

ここ長野県は、山々に囲まれているため、あまり台風被害とは縁遠く感じていた方も多かったかと思います。しかし、今回は千曲川の氾濫など猛威を振るい、県内でも各地で甚大な被害が発生してしまいました。

弊社の所在する長野市でも、幸い弊社には被害が及んではおりませんが、お客様のお宅などを含め床上・床下浸水被害に遭われたお宅が沢山あり、弊社といたしましても順次伺って対策を講じておりますが、未だ復旧作業に追われている状況です。

ワンちゃん・ネコさんを飼われているお宅も、かなりの数で被災しておられ、飼い主同様にペットたちも、この非常な事態に相当不安な怖い思いをされたことかと思います。

避難勧告が出たものの、避難所でペット同伴の受け入れを断られてしまったなど、やりきれない気持ちも耳にしております。アレルギーなどの問題もあるので、仕方ないことだとは思うのですが、今や相当数の世帯でペットと共に暮らしているご家庭も多い中、何とか出来ないものかと思いました。

しかし、全国の愛犬家・愛猫家の皆様からの物資のご支援があったり、一時預かりなどの受け入れ先ボランティアが手分けして手を挙げていただいていたり、大変助かってるとのこと・・本当に頭の下がる思いです。

全国の被災された方々は元より、愛犬家・愛猫家の皆様の一日も早い復旧・・ペットとの平穏な暮らしが一日も早く訪れますことをお祈り申し上げます。m(_ _)m

 

 

犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

愛犬家住宅かわら版117~動物愛護週間に考える・終生飼養~

動物愛護週間にちなんで前回の「愛犬家住宅・かわら版」では、動物愛護『適正飼養』について考えてみましたが、今回はその続編『終生飼養』について考えてみたいと思います。(^_^)

<生命が終わるまで飼い続ける>

『終生飼養』とは、書いてその字のごとく「ともに暮らし始めたペットの生命が終わるまで飼い続ける」という意味です。

「そんなこと、改めて言われなくたって当たり前じゃない!」「当然のこと!」・・なのですが、そうでないことが現実として起きているのも事実です。

では、実際起きていることをお話ししましょう・・動物を飼うきっかけは、

  • 1. ペットショップで目が合った。
  • 2. 子どもにせがまれた。
  • 3. 子育てが終わり、手が空いた。
  • 4. 独り暮らしで寂しかった。

などなど、衝動的に飼い始めることが多くあります。しかし、大切なことがあります。それは、「動物は、ぬいぐるみではなく生きている」ということです。

人の子であればいずれは成人し、独立していくでしょう。しかしペットは、生まれてからその生命を終えるまで、私たち飼い主がずっと面倒をみていかなければなりません。食事の世話から下の世話まで、日々の体調管理はもちろん、年を重ねるにつれ認知症も出てきます。

また、必要以上に子孫を増やさないことも大切です。そんな全ての身のまわりの世話をすることが求められるのです。

いかがですか?この話を聞いて「えぇ!?だって手がかからないという話を聞いたんだけど・・」「見ていても、そんな面倒ではなさそうに感じるし・・」という方もいらっしゃるのでは?!

<時間と忍耐、寛容さが不可欠>

『終生飼養』をしていくためには、彼らにきちんとした「学習」をさせてあげなくてはなりません。仕事があるからを理由に、仔犬を7時間も8時間もケージの中に入れっ放しで、「立派な成犬になる」と考えているとしたら大間違いです。

例えば、トイレにしても、「大空の下はどこでもトイレ」と思っている彼らにとって、なぜ、トイレシートの上でオシッコ・ウンチをしなくてはいけないのか理解できるでしょうか。

なぜ、爪を切ったり、歯を磨いたりしなくてはいけないのか(犬にとっては、全く理解できないこと)、咬んだり吠えたりしてはいけないのか(犬たちにとっては極当たり前の行動)を教えてあげなくては、彼らには理解することは不可能なのです。

多くの時間と忍耐、そして寛容さが飼い主には不可欠なのです。

動物の本質的なことを知らずに、「叱ってもやめない」「言ってもいうことを聞かない」と手に負えなくなり、結局飼うことを放棄してしまう・・これが今現在、多くの家庭において実際に起きている問題なのです。

<宣誓!無責任飼い主 0 宣言!!>

いかがでしたか?動物たちと暮らすということを、真剣に考えるきっかけになったでしょうか?「ペットと暮らす、その命を預かる」ということは片手間にできることではないのです。動物たちと真剣に向き合い、自分の生活環境、家族状況、そして今後の予測、それら全てにおいて飼い主が、『最期まで責任を持つ』強い意志が、最終的に『殺処分0』につながるのです。

『殺処分0』とは、殺さないということだけではなく、そういう対象になるペットをいかに増やさないで済むか、これが環境省の言っている「宣誓!無責任飼い主 0 宣言!!」なのです。

今一度、「動物愛護週間」をきっかけに考えてみてください。ペットと共に生活をしていくということを。

<今年のポスター>

今年度動物愛護週間ポスターに使用が決まった最優秀作品(環境大臣賞)浦 覚水さん(岡山県在住)の作品です。

「小さい頃から動物が好きで、今回のポスターコンクールに応募しました。動物も人間と同じ生き物で歳を取りますが、ずっと一緒に生涯を共にできたら、という思いを込めて描きました。」とのことでした。(^_^)

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

愛犬家住宅かわら版116~動物愛護週間に考える・適正飼養~

台風や豪雨も各地に甚大な被害をもたらしている今日この頃・・千葉県の方では未だ停電復旧しないとのこと、心よりお見舞い申し上げます。m(_ _)m

さて、「動物愛護管理法」では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、9月20日から26日を『動物愛護週間』と定めています。

そこで、『愛犬家住宅・かわら版』では、今回と次回の2回にわたり「動物愛護」について考えてみましょう。

<「殺処分0」にするためには>

動物愛護法が制定されて久しい日本ですが、その実態はまだまだ動物愛護にはほど遠い現実があります。また、最近は「殺処分0」という言葉がいろいろな場所で聞かれることが多くなりました。この言葉は、大変重たい意味を持ちます。

では、この「殺処分0」にするためには何が必要で、どんなことをすればいのでしょうか。

皆さんの周囲を見回してみてください。ご近所、散歩の途中、公園、動物病院で・・ペットたちと飼い主さんたちの関わりはうまくいっているでしょうか!?

「殺処分0」を達成するためには、『適正飼養』『終生飼養』が同時進行しなければなりません。

<「適正飼養」について考える>

まず『適正飼養』とは何か?・・ということから考えてみようと思います。

昨今人間の平均寿命が83歳といわれています。それに比べ、ペットの寿命はどれくらいか例を挙げてみますと・・平均年齢で犬:12~20年、猫:15~20年、うさぎ:5~15年、ハムスター:2~3年、ミドリガメ:20年とされています。

見ての通り、人間と比べて短い命です・・とはいえ、人間の寿命が長いといっても、犬や猫の世話ができる年齢を考慮しなくてはなりません。

ペットが年を取れば自分も同時進行で年を重ねるわけですから、いつまでもペットとともに生きていくことは、現実問題として不可能になってくるのです。

次に、ペットにかかる様々な費用です。例として、食費・ワクチン接種代・医療費・犬種によってはトリミング代などにかかる費用(大体年間小型犬で約13万~、大型犬で約20万~)などです。

また、現在、またはこれからの住宅事情も影響します。一戸建なのか集合住宅なのか、はたまた転勤族なのか・・それにより、ペットの大きさ、種類も考慮しなくてはいけません。

最後に、ペットの生活の中でもっとも重要なこと。それは、自分自身が病気になったり、死亡した場合の、残されたペットの世話です。

日常の生活において、考えないことかもしれませんが、大事なことだと思うのです。もし、誰もいなければ行く道は限られています。

他にも細かく挙げれば、自分の健康状態、家族構成、アレルギーの有無、ペットのしつけのための時間を作ることができるか・・など様々な条件が必要とされます。

これらの全ての条件が揃い、なおかつ、飼い主とペットとの相性が合えば、初めてペットとの暮らしが始められる・・これが『適正飼育』に繋がるのです。

では、次回は『終生飼養』について考えてみましょう。(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

ドッグ・デイズとドッグ・スター

夏本番、うだるような暑い日が続いています。7月頃に思いの外涼しく、冷夏かも・・なんてウワサはどこ吹く風・・でしたね。(^_^;)

「うだるような暑さ」と言えば、英語では、夏のうだるような暑さが続く時期、夏の盛りのことを『ドッグ・デイズ(Dog days)』と言うそうです。

でもなぜ、暑い日々のことを『ドッグ・デイズ=犬の日々』なんて言うのでしょうか?

古代ローマ人は、夏の暑さが厳しくなるのは、この時期、太陽とともにシリウスが天に昇るからだと考えていて、シリウスは「おおいぬ座」の中で最も輝いている星で、太陽を除けば地球上から見える最も明るい恒星。

シリウスを夜空で見つけるなら冬。南の空、オリオン座のすぐ左下に青白く輝く星がシリウスです。

ギリシア神話で「おおいぬ座」は、オリオンの猟犬と言われていて、シリウスの名前は、ギリシャ語の「焼き焦がすもの」「光り輝くもの」を意味する「セイリオス」に由来するそうです。また、シリウスのことを英語では「ドッグ・スター」とも呼びます。

つまり、おおいぬ座のいちばん輝く星、シリウス(ドッグ・スター)と太陽という二つの巨大な星の熱で、夏の暑さがより厳しくなるという考え方がベースにあり、真夏の一番暑い時期を『ドッグ・デイズ』と表現するようになったそうです。

あ、英語が苦手な私は、そんな表現自体知らず、全て聞いた話ですよ。(^_^;)

古代エジプトでは、シリウスがその年の夏のはじめ、日の出直前に東の空に初めてあらわれる(夏至の頃/6月21日頃)と、その数日後にナイル川が増水することが知られていました。

そこでもシリウスは犬と呼ばれ、シリウスの初見はナイルの増水を知らせる犬の叫びとされていたそうです。

あ、もちろんこれも聞いた話です。(^_^)

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

まめしばバウム

先日のこと、出張で金沢へ行ってきました。

北陸方面への出張はそう多くはなく、どちらかというと珍しいことなので、何かお土産を買って帰ろうかと・・

そんな中、興味津々!目を奪われてしまったコレ!

まめやの型抜きバウム「まめしば」!(^o^)

このまめやさんのあられ菓子はそもそも好きなんですが、こんなものがあるなんて知らなかった・・犬好きには気になってしまう(^_^;)

つい自分用に買ってしまった。

家に帰っていそいそと型を抜いて・・なるほど!って、ただこれだけのものなんですがね。

時間の合間を見つけて無理矢理観光気分も味わってきました。

そんな金沢出張でした。(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

愛犬家住宅かわら版115~住まいの熱環境を上手にコントロール~

梅雨明けも近い今日この頃・・今年の梅雨は、日照不足の報告が各地で聞かれ、農作物への影響が懸念されていますね。ただ、梅雨が明けるといつものジリジリする暑さが戻ってくるかと思うと、ちょっとそれはそれで熱中症が心配されたりします。

ワンちゃんは、人よりも暑さに弱い傾向があります。なので夏はワンちゃんにとって気を付けなくてはいけない季節・・住環境の中でも出来ることを考えましょう!

そんな今回の『愛犬家住宅・かわら版』は、「住まいの熱環境を上手にコントロール」をお届けいたします。

室内環境の快適さを左右するものの一つが『熱環境』これからの季節、ワンちゃんと一緒に暮らす住まいでは、特に「熱環境」に注意するようにしましょう!(^_^)

<人と犬の体感温度の違い>

人と犬とでは体温の調整方法が違い、犬は人のように全身で汗をかいて体温を下げるということができません。体温を下げる能力は、人に比べ犬の方がはるかに劣ります。

そのため、暑さ、寒さの感じ方も違います。一般的に、犬は人より寒さに強く、暑さに弱い傾向があります。これからの夏場の熱環境には得に注意が必要です。

<熱環境をコントロールする工夫>

窓から直接差し込む日差しを遮ることは、涼しく暮らすためにも、冷房効率を上げるためにも重要なポイントになります。

日差しを効果的に遮る方法は、南面の窓は、太陽光が真上から当たるので、軒を深くするのが効果的。窓の上に庇(ひさし)やルーバーなどを設けるのも効果的!

東西の面の窓は、太陽光が斜めに当たり、強い日差しが部屋の奥まで入り込むので、すだれやカーテン、ブラインドなどを設置するのがオススメです!(^_^)

<グリーンカーテンのススメ>

遮光と涼風の効果がある緑のカーテン:グリーンカーテンとは、つる性の植物を窓の外に這わせて遮光効果を高めるものです。

遮光効果はもちろん、植物の葉が蒸散することでそのまわりの気温が下がり、涼風効果もあります。

また、ニガウリ、ヘチマ、きゅうりなど、実のなる植物を植えれば収穫の楽しみもあるのでオススメですよ!

ただし、つる性植物の代表でもあるアサガオは、種子の部分にワンちゃんが中毒を起こす危険性(幻覚作用や下痢など)もあります。注意してくださいね!(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

飼い主のストレスが愛犬に感染!?

先日、そんなニュースが目に飛び込んできました。

飼い主がためているストレスは、飼い犬に「感染」するという研究結果をスウェーデンの研究者が発表したそうで、人と犬のような異種間で分かった例は初めてだそうです。

スウェーデン・リンショーピング大学の研究員たちが、室内飼いのボーダーコリー25匹、シェルティー33匹、そしてそれぞれの飼い主の計58組について、ストレスの変化を1年に渡って調べたそうです。

ストレスを感じると分泌されるホルモン「コルチゾール」が、季節や運動量にかかわらず、飼い主のコルチゾールが多いと、犬も同様に多かったとのことでした。

飼い主のストレスが愛犬に伝染するなんて・・ワンちゃんはいつも飼い主のことを見ていますから、そんな結果もうなずける気がします。

やはりワンちゃんが、穏やかで幸せに暮らせるためには、私たち飼い主がまずストレスをため込まないように日頃から気を付けなくてはいけませんね。(^_^)

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員