犬診断!?

インターネットサイトを色々見ている時、たまに“ベネッセコーポレーション”さんが運営する、いぬのきもち・ねこのきもちwebも見に行きます。

トップページから「いぬのきもち」「ねこのきもち」へとそれぞれにまた飛んで行くのですが、そのトップページに面白いリンクがあるので、ちょっとご紹介。

「犬診断」っていう、4問ほどの簡単な質問にYES・NOで答えると、あなたを犬にたとえると・・が表示されるんです。

ご存じの方も多いかと思いますが、簡単で楽しめたので。

ちなみに私は・・犬にたとえると「ゴールデン・レトリーバー」

「なんでも拾ってしまい、気づけば流木や小石など意味の分からないものが増えてしまう」・・うーん、あながち間違ってはいない気がする・・確かにいらないものが増えてしまう傾向があります。(^_^;)

ベネッセさんの「いぬのきもち・ねこのきもち」トップページはこちら →
https://pet.benesse.ne.jp/

「犬診断」のページはこちら →
https://pet.benesse.ne.jp/dog_sh/index.php

 

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

ワンコのニュース、京都では。

前回、お手柄ワンコがニュースになり、喜ばしいという話題を取り上げました。

しかし今回は、喜ばしくない方のニュース・・色々なメディアで取り上げられましたので、ご存じの方も多いかと思いますが、京都での野犬のお話し。

京都市内の桂川河川敷に大型の野犬がいると、春先から相次ぐ目撃情報や心配の声が寄せられているとのことでした。(-_-;)

 

桂川といえば、京都市内でも西側を走る大きな河川で、保津川~大堰川~桂川と、場所で名前を変えています。

その桂川といわれるエリアで今回目撃情報のあるのは、観光で賑わう渡月橋や嵐山に近い南側界隈。遭遇した住民や観光客を襲うことも心配されています。

京都動物愛護センターでは、5年以上前から把握していて、どうやら繁殖して増えているらしいとのこと。

捕獲保護も進めているそうですが、今や国内だけでなく世界各国から多数の観光客が訪れていますので、むやみに近寄らない様に注意が必要ですね。

元々は誰かに捨てられたワンコかも知れません。もし人間に危害を加えたなんてことで目の敵にされては可哀相で仕方ありません。(-_-;)

ちなみに京都市では、反対側の東山界隈で野生の猿が現れ、寺院の参拝客に噛みついたなんて情報も寄せられ、寺院でも注意喚起に追われているそうです。

まぁ、野猿の場合は、元々野生なのでちょっと意味合いは違いますがね。(^_^;)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

お手柄ワンコのニュース

先日、毎日新聞のネットニュースを見ていたところ・・「高齢の秋田犬がお手柄」という記事を目にしました。

これは秋田県でのニュースでした「高齢秋田犬がお手柄・散歩中におばあちゃんを助ける」・・早朝に飼い主さんと散歩中の雄の秋田犬が、何かを見つけたように急に走り出し、歩道でパジャマ姿のままうずくまっている高齢の女性に気付き、飼い主さんが助けを呼んで無事保護されたというお話しでした。(^_^)

秋田犬のワンちゃんと飼い主さんに感謝状が贈られるそうですが、ワンちゃんは12才とのこと・・大型の秋田犬ですと、人間でいう90才位になるそうですよ。

賢くて飼い主に忠実で知られる秋田犬ですが、本当にスゴいですね!

放し飼いや逃げ出したワンコが人を噛んだとか、飼い主が虐待したとか、あまり良くないワンコ絡みのニュースが多い中、こういった話題は本当に聞いている方でもつい嬉しくなってしまいますね。

お手柄、あっぱれ!なお話しでした。(^o^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

花粉症といえば・・・

3月の後半に、花粉の季節ですね・・という話題に触れましたが、ちょうど先日のこと、ホンダ(本田技研工業)さんの運営する「Honda Dog」から届いたメルマガに、「もしかして、犬も花粉症になるの?」というタイトルでリンクが貼られていました。

Honda Dogサイト内に、「最近ウチのわんこ、なんだか痒そうにしてるんだけど・・もしかして、犬も花粉症になるの?」という、獣医師監修のしっかりとしたコーナーになっていました。(^_^)

やはり、ここでもワンコは花粉症になると書かれていましたね。(^_^;)

中には、ウエストハイランド・ホワイトテリア、柴犬、シー・ズー、ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、パグ、ゴールデン・レトリーバー、などが比較的犬の花粉症になりやすい犬種とのこと・・不思議ですね~なぜなんでしょう?!

その他色々と詳しく載っていますので、気になる方は一度覗いてみてはいかがでしょうか?(^_^)

「Hodna Dog」のトップページはこちら → https://www.honda.co.jp/dog/

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

ロール式の自動トイレ

先日のこと、ある愛犬家さんとお話ししている時に「良さそうなトイレがあってつい買ってしまった。使ってみたらとても良かった。」とのこと。

なんと、ワンちゃんが用を足しても、スイッチ一つでトイレシートがクルクル巻かれて、直ぐキレイな部分が出てくる・・しかも留守にしている間はタイマー式で自動でシートを巻いてくれるらしいです。(^_^)

その名も『ブリリアントパッド』

以前、クラウドファンディングで開発中の「INUBOX」という自動回収・洗浄トイレをご紹介させていただきましたが、これはもう実際に販売されていて価格はまあまあとのこと。

早速教えていただいたサイトを検索すると・・あ!ここはやはり以前ですが、「自動リード・フォローミーライト」というLEDライト付きリードを紹介させていただいた会社の商品ではありませんか!

うーん、なるほど、いろいろなスグレものを扱っているのですね。

今回の商品、用足しを感知して巻き取る完全自動ではありませんが、その都度慌てて片付ける手間はボタン一つのワンプッシュで済みますし、お出かけ中のための8・12・24時間タイマーで自動に巻き取りさせることも出来る・・しかも、センサーが働いてタイマー時間が来てもワンちゃんがトイレにいる時は作動しないという賢さ。(^_^)

ウンチも一緒に巻き取ってシート内に閉じ込めてしまい、ニオイも出ないらしいです。最後に1本分巻き終わったらそのままゴミとして処分できるそうです。

ただし、ご注意いただきたいのは、一応小型犬対象のものらしいです。私に教えてくださった方は中型犬を飼われている方ですが使えているとのこと。でも大型犬や中型でも割と大きいクラスは難しいようです。

小型ワンコを飼われている方で、室内トイレを簡単に片付けたい方は、こんな商品もありますよ!(^_^)

情報は、ペット用品の卸・メーカーの(株)オーエフティー様より参照させていただきました。

ちなみに、楽天市場やAmazonなどで販売されています。(定価26,000円・税別)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

お家まるごと除菌消臭『ジアリフレ』!!

この度弊社でも、お家まるごと除菌消臭『ジアリフレ』の取り扱いを始めました!

『ジアリフレ』・・ネーミングからもチラッと想像できるかと思いますが、「次亜塩素酸水」の超音波噴霧器なんです!(^_^)

次亜塩素酸水は、食品添加物である次亜塩素酸ナトリウムから精製される、安全性と除菌効果の高い弱酸性水溶液・・これが結構なスグレもの!

一般家庭のニオイの元は、ほとんどが雑菌繁殖!次亜塩素酸水は、特定悪臭物質の一つであるアンモニアなども化学変化により無臭成分に変えてしまう力があります。

しかも素肌と同じ弱酸性なので手肌にやさしく、人にもワンちゃんにも安心!安全無害なので万が一ワンちゃんが舐めてしまっても心配いりません。

パナソニック社で発売している「ジアイーノ」も次亜塩素酸水パワーを利用する空気清浄機として人気があり、ペットショップ・病院・介護施設などでも多く採用されていますが、結構高額なんです。

「ジアイーノ」目安は約40帖用で定価357,000円、約24帖用で定価263,000円(全て税抜き)。

弊社取り扱いの『ジアリフレ』は、目安約26帖用で定価46,000円、約14帖用なら定価35,000円(全て税抜き)とお安い設定です。

なぜ安い・・「ジアイーノ」との大きな違いは、ジアイーノは塩タブレットを購入して、水道水を入れた機械本体が次亜塩素酸水を作るんです。

『ジアリフレ』は精製された次亜塩素酸水を購入して、水道水で希釈して本体がそれをミスト状にして空間へ放出するので、装置が単純なんです。

でも、ペットのニオイだけでなく、料理・生ゴミ・衣類やカーペット・タバコ・トイレなどなど効果大!しかもこの季節世間を騒がす花粉や、日々のハウスダストにまで効きます。

ジアリフレ リーフレット

( ↑ ↑ クリックすると画像が拡大されます。)

弊社の地元、長野にある会社が開発・製造しているので、故障などにも安心です。

『愛犬家住宅』には特にオススメの一台、いかがでしょうか?(^_^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

花粉の季節

この季節TVなどでも花粉に対する注意を取り上げていますね。

昨年の猛暑や今年の暖冬などの影響で、特に今年はスギ花粉の飛散量が多く、花粉症発症者が激増するとも。


そこでふと思うのが、ワンちゃんは花粉症になるのかな?・・ズバリなる場合もあるそうです。(^_^;)

クシャミ・鼻水・涙目など、人間の症状と似ているそうで、クシャミをすることは珍しくないのですが、連続して出るようでしたら疑いあり!だそうです。

その他にもワンちゃんの場合は、皮膚のかゆみなどの疾患として現れる場合もあるそうなので、お散歩の際も、花粉の多く飛散する時間帯を避けたり、洋服を着せてあげるなどしてあげたいですね。

外の空気に触れさせたくて窓を開けるような場合も、朝一番が良いといわれています。

発症してしまったアレルギーは完治が難しいそうですが、和らげることは出来るとのことですのでワンちゃんも怪しいと思ったら早めに獣医さんに相談しましょう!(^^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

リードにライト

先日ネットを見ていたら「おっ!コレいいかも!」と思える商品を発見!

既にご存じの方もいらっしゃるかとは思いますが、私は新発見でしたので一方的にご紹介させていただいちゃいます。(^_^)

その名も「自動リード・フォローミーライト」

名前は大層ですが、よくあるグリップハンドルの伸縮リードにLEDライトが付いているモノだと思っていただければ、ほぼ正解です。

夜のお散歩には必需品のライトですが、ライトとリードを両方持つのが面倒だという方には、この商品のように一体式も良いのではないでしょうか?!(^_^)

また、面白いと思ったのは、ライトがグリップ側ではなく、リードの可動部分に付いているということ。

必ずリードの先方向を照らすようになるため、買主の持つグリップまで伝わってこないような、ワンちゃんの小さな動きにも追従してくれそう。

・・・そんなところが「お!」と思ったところなんです。(^_^)

あ!でも私自身購入して試したわけではないので、あくまでも個人的な主観ですので参考までに。(^_^;)

情報は、ペット用品の卸・メーカーの(株)オーエフティー様より参照させていただきました。

ちなみに、楽天市場やAmazonなどで3,000円台前半で販売されていますよ。

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

新しい家族を迎えたお客様

皆さんこんにちは。ゆずママことスタッフの中山です。(*^_^*)
先日のことです。新築住宅をお引渡ししてから3年経つの柴犬アイちゃん・モモちゃん親子と暮らすお客様のお宅へお伺いする機会がありました。

なんと、ニューフェィスのご家族をお迎えしたとのこと!(^o^)

元気いっぱい、柴の女の子でした!私の背中に飛び乗って歓迎してくれましたよ。

栗田という地積に引っ越されてからお迎えした子なので、名前は「クリちゃん」。

アイちゃん・モモちゃんは、やきもちを焼いているのかな?!・・不思議なことにいつも吠えないモモちゃんがとっても攻撃的に、吠えて私の側にクリちゃんを来させないようにしてウロウロ・・アイちゃんもしっかりと私をガードするかのように、にぴったりお尻をくっつけてきました。

今までおじゃました時には飼い主さんのところにピッタリくっついていたワンちゃんだったのですが、今回は私に心ゆるしたのか (・・?

何なのか (・・?

でも、2匹がピタっと来てくれたので、思わずかわいいー! (^▽^)/

仕事で伺った先ですっかり癒やされました。(*^_^*)

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員

 

愛犬家住宅かわら版112~床暖房と冬の温度管理~

立春を過ぎ、少しずつ寒さも和らいできた気がする今日この頃・・しかしまだまだ寒い日も多いですね。

前回、冬本番での愛犬との暮らしを再確認という意味で、愛犬との冬の暮らしをテーマにいたしましたが、今回は冬の温度管理という観点から“床暖房”に関する話題をテーマにした『愛犬家住宅・かわら版』をお届けいたします。

心地よい暖房と言えば、最近話題の薪ストーブや暖炉などもありますが、床暖房が思い浮かぶ方も少なくないようです。部屋の中の空気を足元からじんわりと暖めてくれて気持ちの良いものですが、これは人だけでなく、ワンちゃんにとっても良いことがたくさんあります。(^_^)

<床暖房のある暮らし>

床暖房は、空気が汚れないので換気をしなくていいし、温風が吹かないので、皮膚が乾燥してフケにならないし、抜け毛やホコリを舞い上げるということもありません。

また、近づき過ぎて危ないということもないし、器具やコードが露出しないから部屋が広々使えるのも嬉しいところ。カラダもココロもほんわか温まり快適。

床暖房は、愛犬との暮らしにはもってこいの暖房といえそうですが、気をつけてあげなければならないこともあります。

ワンちゃんが普段いる場所を床暖房にする場合は、全面ではなく、床暖房の入っていないところもつくり、体が熱くなったときに移動して、少し熱を冷ます場所をつくることをオススメします。寒くなったらまた暖かい床に移動してくればいいですからね。

これが、子犬や老犬になると、熱くなりすぎていることに気がつかないまま熟睡してしまい、ときには低温やけどを起こしてしまうこともあります。

そのような場合は、飼い主さんが時々様子を見て移動させてあげることが必要です。また、水分がいつでも取れるように、新鮮なお水が常にフードボールにあるように気をつけてあげましょう!

<冬の温度管理と健康>

人間と違い、毛皮を着ている犬にとっては、適温での暮らしにはデメリットもあります。あまりにも快適な環境で暮らし続けていると、体温調節が下手になり、少しの温度変化にもついていけず、体調不良を起こしてしまうこともあります。また、換毛のタイミングが分らなくなり、季節に合わせての抜け変わりがうまくいかなくなることも。

この快適すぎる住環境については、ひょっとしたら人間にも同じことが言えるのかもしれませんね。

今回は、快適な床暖房の話題に触れましたが、寒くてもちょうど良い時間を見つけて、一日に一回はワンちゃんと外に出て、外気を吸って気分転換。

季節を味わって、冬を楽しみましょう!(^o^)

 

 

愛犬と暮らす・・愛犬家住宅ドットコム/長野県長野市で“愛犬家住宅・ペット共生住宅”を手がける建設会社、専門の愛犬家住宅コーディネーター(AJC)が在籍する、『総合建設西沢商会/ニシザワホーム』、“愛犬家住宅 住まいづくり倶楽部”会員